希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

医療・福祉・介護系

医療事務(管理士)

更新日:

医療事務管理士とは?

医療事務管理士とは、医療保険制度や診療報酬の仕組みについて知識があり、正確に診療報酬の算定をすることができるかどうかを証明する資格です。医療を支える事務仕事は専門性が必要になります。医療事務管理士試験は医療事務の専門家であるかどうかが問われる資格といってもいいでしょう。

 

医療事務管理士の仕事内容

(1)受付業務
患者様が来院して初めに訪れる場所が受付。最初に与える印象が病院のイメージにつながります。主に、保険証の確認などを行い、カルテに反映される患者様の基本情報を登録。病状に適した診療科をご案内します。

 

(2)外来クラーク
規模の大きい病院では、初・再診の受付とは別に診療科ごとの受付があります。診察室へのご案内、カルテの準備、検査案内、次回診察予約など、医師や看護師と連携しスムーズに診察が受けられるようさまざまな面からサポートします。

 

(3)会計業務
診察後、診療内容に沿って医療保険の点数計算をします。多くの医療機関で、医療事務コンピュータや電子カルテが導入され、会計業務は今後もますます電算化が進むと考えられています。計算後は窓口でお会計を行う、または精算機にご案内します。

 

(4)入退院受付業務
入院前の予約では患者様の希望をうかがい、入院日を調整。入院時には書類の手続きや説明、病棟へのご案内を行います。入院会計では費用が高額となるため、お支払日の前日には請求書を作成します。

 

(5)病棟クラーク
入院病棟のナースステーションで医師や看護師と一緒に働く、医療の現場に近い仕事です。検査伝票、食事、カルテの管理や面会者の受け付けなどを行います。

 

(6)請求事務業務
会計の時に患者様が支払うのは医療費の一部。その残りを医療保険の保険者である自治体や保険組合に請求するためのレセプトを作成します。病院経営に関わる重要な仕事です。

 

医療事務管理士の1日

(1)大病院の場合

7:30  出勤。

8:00  受付開始

11:00  午前診療の受付終了
 
11:30  お昼休み

12:30  午後の診療の受付開始

15:00  受付終了

16:30  帰宅

 

(2)小さなクリニックの場合

8:30  出勤

9:00  受付開始
 
12:00  午前診療の受付終了

13:00  お昼休み
 
14:00  午後の診療開始

18:00  受付終了

18:30  帰宅

 

医療事務管理士の給与(年収)

年齢 平均年収 平均月額給与 ボーナス
20~24歳 183.5万円 11.5万円 45.9万円
25~29歳 228.6万円 14.3万円 57.2万円
30~34歳 251.2万円 15.7万円 62.8万円
35~39歳 286.6万円 17.9万円 71.6万円
40~44歳 322.0万円 20.1万円 80.5万円
45~49歳 360.6万円 22.5万円 90.2万円
50~54歳 386.4万円 24.2万円 96.6万円
55~59歳 383.2万円 23.9万円 95.8万円
60~65歳 260.8万円 16.3万円 65.2万円

出典元:平均年収.jp

 

医療事務管理士の将来性

医療事務の情報化が進み、これまで手作業だった作業をパソコンで処理できるようになりましたが、ケースバイケースの対応や最終チェックや修正などは人でないとできません。医療事務の必要が無くなるということは起こらないでしょう。

医療事務の資格ですが、1度取得しておけば一生そのスキルを使うことができます。また、事務仕事ですので体力などはあまり関係しないことから、10代から60代くらいまでの幅広い年齢や世代で活躍できる点はこの仕事の魅力の1つといえそうです。
 
また、医療事務の仕事内容は全国共通ですので、引っ越しなどでの生活基盤の変化の際にも対応できます。パートタイムやフルタイムなど就業時間を選べる職場も多い点などから、出産や育児の後の仕事復帰が可能です。

また、社会の高齢化は、今後もますます進んでいきます。今後も医療機関にかかる患者数は増え続けることでしょう。そういった情勢の中、毎年、医療機関は増え続けています。つまり、医療事務の働く場所がどんどん増えていると言えます。

 

医療事務管理士になるためには?

医療事務管理士になるためには、医療事務(管理士)試験に合格しなければなりません。

医療事務の仕事は、受付・会計・診療報酬請求・カルテ管理など、多岐にわたります。また、カルテ内容から治療費を計算したり、保険請求分の請求書を作成するにあたり、診療報酬制度や医学・薬学などに関する深い知識が必要とされます。

 

医療事務(管理士)試験とは?

医療事務の試験は、複数の民間団体が主催しており、いろいろな呼び名で行われています。その中でも認知度の高い「医療事務管理士試験」を紹介致します。

医療事務管理士試験は医科・歯科に科目が分かれており、どちらかを選択して試験を受けます。医科は、歯科を除くすべての診療科での保険請求事務や医療用語の知識などについて問われ、歯科では歯科での保険請求事務や歯科に関する知識などが問われます。

通常、医療事務と言えば医科を指すことが多く、歯科医院で働きたいという具体的な目標がない限りは一般的に医科を選択します。歯科に比べて幅広い知識を求められる反面、働ける場所の選択肢も広がります。

歯科は、試験範囲が歯科に関する分野に限定されるので学びやすいと言われています。歯科医院・歯科診療所で働きたい場合は歯科を選択します。

 

主催団体

技能認定振興協会

 

受験資格

なし

 

学科試験

マークシート形式10問

①法規(医療保険制度、後期高齢者医療制度、公費負担医療制度等についての知識)



②医学一般(各臓器の組織、構造、生理機能、傷病の種類等についての知識)

③保険請求事務(診療報酬点数の算定方法、診療報酬明細書の作成、医療用語等についての知識)

 

実技試験

①レセプト点検問題(1問)②レセプトの作成(外来・入院の各1問)

 

実施時期

年6回(奇数月の第4土曜日)

 

受験料

6,000円

 

試験時間

4時間(学科試験1時間、実技試験3時間)

 

試験会場

各地の日本医療事務センター指定会場、受験申請のあった専門学校・各種学校など

 

合格発表

試験実施後1ヶ月以内に文書にて通知。実技試験70%以上・学科試験70点以上が合格基準。合格者には「医療事務管理士」の称号が付与されます。

 

 

 

医療事務管理士試験の合格率は?

医療事務管理士試験の合格率は、医科と歯科で大きく異なります。医科は50%程度、歯科は70%前後の合格率になっており、医科の方が出題範囲が広いために難易度が高くなっています。
 

医科
実施年月 受験者数 合格率
2016/05 1,901名 48.6%
2016/03 3,069名 49.7%
2016/01 3,120名 46.4%
2015/11 3,399名 48.0%
2015/09 3,075名 56.0%
2015/07 3,015名 50.9%

 

歯科
実施年月 受験者数 合格率
2016/05 228名 70.2%
2016/03 373名 76.1%
2016/01 360名 68.9%
2015/11 378名 72.5%
2015/09 440名 72.3%
2015/07 598名 78.8%

 

医療事務管理士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的には、1日2時間程度で、4から6ヶ程度で合格されている方が多いようです。学習時間でおよそ200時間から300時間程度は必要になります。それぞれ学習できる環境が違いますが、半年前から準備することが合格の目安になります。

 

医療事務管理士試験は独学で合格することは可能?

過去に医療事務管理士試験を受験した経験がある方であれば、独学で合格できますが、初学者の場合には、予備校や通信教育(通信講座)を利用したほうが合格する確率は増える環境になります。初学者の場合には、不明点を理解するのに時間がかかってしまったり、挫折してしまう場合があります。

予備校や通信講座で質問できる環境があれば簡単に理解できますので、学習が効率良く行えます。また、予備校や通信講座は、医療事務管理士試験のプロなので、試験対策もしっかり行えます。初学者は予備校や通信講座に通ったほうが合格への近道になります。

 

医療事務(管理士)試験に一発合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

第1位

TAC

 

学習を効率よく進めるには、分かりやすい教材の存在が必要不可欠です。医療事務の仕事に必要な知識をテキストで学び、問題集で反復する練習をすることで、医療現場で求められる実践力を養います。

なお、TAC医療事務講座では受講料の中に教材費なども含まれておりますので、追加費用は一切必要ありません。

TAC医療事務講座の講師陣は医療事務の実務経験者や保険請求事務のプロフェッショナル。実際の現場での話を踏まえながら、より実践的な講義を展開します!

 

学費:¥29,000 (コースによって異なります)

資格の学校TAC

第2位

ユーキャン

生涯学習のユーキャン

 

ユーキャンの「医療事務」講座は、ユーキャンの講座の中で人気No.1の講座です。本講座では、診療費の計算や医療に関する専門用語なども、一つひとつ丁寧にわかりやすく解説。
 
医療関係の仕事にまったく携わったことがない方でも、基礎からムリなく学習することが可能です。レセプト(診療報酬明細書)の作成など、実務でそのまま役立つ知識が、ムダなく効率よく学べるカリキュラムが特長です。

学費:49,000円 

ユーキャンの医療事務講座

 スタディサプリ(旧:リクナビ)

スタディサプリでは、「医療事務」を目指す学校を約「7,000コース」紹介しています。お近くの学校検索や各学科の特長、カリキュラム、学費 など各種情報を調べるのに大変役に立つサイトです。 

 

医療事務試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

最新 医療事務のすべてがわかる本

新品価格
¥1,404から
(2017/8/18 00:48時点)

 

(2)楽天で購入する

「楽天」で医療事務試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-医療・福祉・介護系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.