希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

日本語、外国語

通訳案内士

更新日:

通訳案内士とは?

通訳案内士とは、日本を訪れる外国人ビジネスマンや観光客をサポートします。語学力はもちろんのこと、日本の歴史や経済、文化など幅広い知識や体力が要求される仕事です。また、通訳案内士は、民間外交官とも言える、語学関係では唯一の国家資格です。

通訳案内士は観光地等を外国人と巡りながらそのガイド等を行う仕事ですので、旅好きな方や、お世話好きの方にはピッタりの職業です。試験は難しいですが、楽しくやり甲斐のある職業が通訳案内士だと言えます。

 

通訳案内士の仕事内容

「通訳案内士」は別名「通訳ガイド」とも呼ばれており、日本を訪れる外国人に対し旅行に関する案内を外国語で行う職業のことです。

観光地の紹介をしながら、日本の文化や伝統を伝えるガイドとしての仕事はもちろん、旅行のスケジュール管理や、宿泊先の確認、病気やケガ、落とし物といったトラブルの対応など、ツアーコンダクターのような役割を担うことも多く、会議通訳者やビジネス通訳者と比べると、サービス業としての一面がより強い仕事です。

通訳案内士の資格を取ったからと言ってすぐに仕事が出来るとは限りません。一般的に求人サイトなどで仕事を見つけるのは困難なので、まずは「日本観光通訳協会」や「全日本通訳案内士連盟」などの団体に所属してそこから通訳ガイドとしての仕事を請け負うのが一番手っ取り早いと思います。

正社員として勤務することは難しく、多くの方が派遣社員やフリーランスとして働いているので安定職とは言えません。本業を持ちつつ、土日だけアルバイト感覚で働いたり、主婦が子育ての合間の短時間だけ働く人が多いです。   

 

通訳案内士の1日

9:00   出勤(依頼主のホテルへ)

10:00 観光地を案内

12:30 昼食

14:00 美術館見学

16:00 お土産購入

18:00 勤務終了

20:00 次のガイド案件に向けて勉強

 

通訳案内士の給与(年収)

正社員が少なく、フリーランスの方が大半である通訳案内士の仕事は、一つのツアーを行うことに対して報酬を得る形態が多いです。旅行会社から委託されるツアーの場合は、1日8時間のツアーで15,000円〜25,000円というところが多く、スルーガイドで1日あたり20,000円〜30,000円です。

月に20日フルにガイドすれば、月収30万円〜50万円は稼ぐことが可能ですが、よほど効率的に仕事のスケジュールが組み合わさらないと年間を通じて安定的に月20日フルに働くことは難しいです。

約6割(57.5%)の通訳案内士の年収は200万円以下です。
・0万円:2.9%
・1~9万円:13.2%
・10~99万円:30.1%
・100~299万円:11.3%
・200~299万円:7.2%
・300~399万円:4.7%
・400万円以上:4.0%)

通訳案内士は、正社員として勤務することは難しく、多くの方が派遣社員やフリーランスとして働いています。本業を持ちつつ、土日だけアルバイト感覚で働いたり、主婦が子育ての合間の短時間だけ働く人が多いので、高収入を望むのであれば、別の職業が良いでしょう。 

 

通訳案内士の将来性

通訳案内士は、観光客の案内が主な仕事のため、観光シーズンとオフシーズンでは、忙しさに波があります。しかし最近では、観光案内だけでなく、政府や企業が招待した外国人をエスコートしたり、企業の視察のために来日した外国人に同行するケースも増えており、仕事の幅が広がっています。

2020年に東京オリンピックが開催されるので、益々日本に来日する外国人は増えると予想されていますので、オリンピックが終了するまでは需要が増え続ける仕事と言えます。

 

通訳案内士になるためには?

通訳案内士になるには国土交通省が実施している通訳案内士の国家試験に合格し、各都道府県において登録を行った者が通訳案内士としての仕事が出来るようになります。その難易度はかなり高く、語学力だけでなく日本の地理、歴史、産業、文化など幅広い分野に関する知識がなくては合格することはできません。

試験は日本政府観光局によって年1回実施されており、受験者の学歴や年齢、性別、国籍は不問で、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語の10言語の中から、いずれかひとつを選択して受験します。

試験は筆記で行う一次試験と、口述で行う二次試験からなり、TOEICや英検など保有する資格のスコアや級によっては試験の一部が免除されるシステムになっています。一次試験で受験者のおよそ8割が脱落する難易度の高い資格ですが、一度合格すると生涯にわたり有効ですのでしっかりと勉強して試験に臨みましょう。

 

通訳案内士試験とは?

通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。平成29年4月1日現在の登録者数は22,754人に達しています。

通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語となっています。通訳案内士試験は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験が可能です。平成28年度通訳案内士試験には、2,404人が合格しました。

 

平成29年度通訳案内士試験日程

筆記試験
平成29年8月20日(日)

外国語(出願者の選択する一カ国語)
英語 … マークシート方式
中国語、韓国語 … 記述式とマークシート方式の併用
フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、タイ語 … 記述式

日本語による筆記試験 (マークシート方式)
(ア)日本地理 (イ)日本歴史 (ウ)産業・経済・政治及び文化に関する一般常識

筆記試験合格発表
平成29年11月9日(木) (予定)
口述試験
平成29年12月3日(日)

筆記試験で選択した外国語による通訳案内の現場で必要とされるコミュニケーションを図るための実践的な能力について判定

試験の詳細は、オフィシャルサイトをご確認下さい。

 

合否判定のための基準(平成28年度試験)

(1)外国語についての筆記試験は、各語学ごとに、原則として70点を合格基準点として行う。
(2)日本地理、日本歴史は、原則として各科目70点を合格基準点として行う。
(3)一般常識は、原則として60点を合格基準点として行う。
※平成18年度より各科目ごとに合格、不合格を決める方式になりました。全ての科目を合格した場合に筆記(第1次)試験合格となります。

 

免除科目

  • (1)実用英語技能検定1級、TOEIC840点以上の場合は、外国語(英語)の筆記試験が免除
  • (2)実用フランス語技能検定試験の1級取得者は、外国語(フランス語)の筆記試験が免除
  • (3)中国語検定試験の1級取得者は、外国語(中国語)の筆記試験が免除
  • (4)歴史能力検定の日本史1級・日本史2級取得者は、日本歴史の筆記試験が免除
  • (5)合又は国内旅行業務取扱管理者試験の合格者は、日本地理の筆記試験が免除
  • (6)前年の筆記試験を合格して口述試験が不合格だった場合、次の年の外国語以外の筆記試験が免除

 

通訳案内士試験の合格率は?

実施時期 受験者数 合格率
2016年 11,307人 21.3%
2015年 10,975人 19.3%
2014年 7,290人 22.7%
2013年 4,706人 25.5%
2012年 5,000人 14.3%
2011年 5,485人 16.3%
2010年 7,239人 12.9%
2009年 8,078人 15.2%

 

通訳案内士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「外国在住期間」や「職業・年齢」などで一概には言えませんが、一般的に、「初学者が合格するのに必要な学習時間」は、300~500時間と言われています。1日2時間、土日に5時間程度の学習時間(月間約80時間程度)を確保できたとして、およそ4~6ヵ月程度は準備期間として必要になります。  

 

通訳案内士試験は独学で合格することは可能?

初学者にとっては、通訳案内士試験の学習は理解が難しい場合があります。一発で合格するためには、なるべく通信講座など「通訳案内士試験のプロ」のカリキュラムを利用したほうが、合格率は飛躍的に向上します。

どんな試験にも言えることですが、試験に合格することがゴールではありません。資格をしっかりと活用して職場で継続して正しく運用していくことがゴールになります。そのために合格さえすれば良いのではなく、しっかりと学習した内容を理解することが必要になります。そのような意味でも「学校」や「通信講座」などを利用し、しっかりと学習することが必要と言えます。

 

通訳案内士試験に一発合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

アルク

 

本コースは、6ヵ月間みっちり TOEIC® L&Rをベースとした教材を学習することで「余裕で900点」を取る力を身につけることを目的としています。

学費:62,640円

「満点」が見えている、あなたに。TOEIC(R) TEST 完全攻略900点コース

1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法!

 

メール+音声講座「1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法!」

英文法は理解できないと意味がありません。TOEICのパート5、6対策にはもちろん、純粋に英語ができるようになりたい方にも自信を持ってオススメいたします。

2ヶ月間に渡り、本当の基礎から英文法をメールと音声により分かりやすくご説明いたします。サポート期間は教材作成者に直接メールで質問できます。

学費:19,800円 

1年でTOEIC 900!

 イングリッシュ・ビレッジ

 

イングリッシュ・ビレッジは、「マンツーマンレッスン」に特化した創業30年の老舗です。以下の方におすすめです。

・ビジネス英語をシチュエーションごとに自然な表現で学びたい方
・キャリアアップのためTOEICやTOEFLなどの受講をお考えの方
・海外留学をお考えの方(大学、MBA、大学院)
・短期留学や海外赴任の経験のある方で英語力を維持したい方

学費:1回40分2,100円 

満足度99.1%!コスパ業界最高クラスの英会話教室【イングリッシュ・ビレッジ】

 スタディサプリ(旧:リクナビ)

スタディサプリでは、「通訳案内士試験」合格を目指す学校を約「105コース」紹介しています。お近くの学校検索や各学科の特長、カリキュラム、学費 など各種情報を調べるのに大変役に立つサイトです。

 

通訳案内士試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

通訳案内士 地理・歴史一般常識完全対策

新品価格
¥2,916から
(2017/8/19 01:48時点)

 

(2)楽天で購入する

「楽天」で通訳案内士試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-日本語、外国語

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.