希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

IT関連 ビジネス系

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

更新日:

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験とは?

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)は、マイクロソフト オフィスの利用能力を証明する資格試験です。

現在、パソコンはオフィスだけでなく家庭・職場・公共機関など多くの場所で日常的に使用されています。また、多くの人々が授業や会社の資料(報告書など)作り、住所録、年賀状作成などでWORD,EXCEL,PowerPoint,Accessなどのマイクロソフトオフィスのアプリケーションを活用しています。

MOSは、これらのソフトをどのくらい使いこなせるのか、その能力を客観的に判定する世界共通の資格試験です。毎日仕事で使うソフトの資格であることから、ビジネスマンの必携資格として、高い人気を保っています。

2017年3月31日現在の集計で、MOSの受験者数は累計390万人を超えました。就職・転職に、企業内での業務効率化に、そしてスキルアップの目標にと、さまざまな目的で、MOSは人気の資格でありつづけています。 

 

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験に合格する5つのメリットとは?

(1) MOSは、仕事に役立つ、「使える資格」です。 MOSを取得すると、実務に役立つスキルが身に付きます。

自分流で使っていると気づかないような機能を、知ることができます。「えっ! これそんなに簡単にできるの!」という、驚き、喜びが、たくさん詰まった試験対策学習です。MOSを取る前は1時間かかっていた作業が、MOSを取ったら数分で終わるようになった……そんなこともたくさんあります。

機能の名前、操作の方法なども標準的なものを正しく学んでいるため、共同作業が非常にスムーズにできるようになります。

 

(2) MOSを取ると、自分のスキルに自信が持てます。 MOSを取得すると、自分のスキルに自信をもつことができます。

マイクロソフトオフィスのたくさんの機能が、MOS対策学習の中で着実に使えるようになります。「できなかったけど、できた!」「あやふやだったけど、これで間違いない!」―そんな学習の成果が、「合格」という確かな形になるのです。それは、とても大きな自信となります。

身につくスキルの水準も、一般的なスキルよりずっと高いものです。多くの職場で、「安心して任せられる」「困った時に頼りになる」存在になることができます。

 

(3)あなたのスキルが客観的に証明されます。 MOSは、あなたのスキルを客観的に証明する資格です。

「合格認定証」やウェブ上で受験結果を確認できる「デジタル認定証」が、パソコンスキルを客観的に証明。就職・転職・派遣会社登録時に習得した実力をアピ-ルできます。

 

(4) 初心者からスタートしても十分取得できます 

MOSの試験対策学習は、「覚える」というよりも、「実際に使って、練習しながら身に付ける」という学習になります。暗記するような「知識」を問う試験ではありません。ですから、ワードやエクセルをほとんど使ったことがないような初心者から、普段から仕事で使っている中上級者まで、幅広い方が受験をされています。

パソコンの機能・操作方法を、基本から体系的に学べるので、パソコン操作をしっかり身につけたい方にもオススメです。

 

(5)世界で通用する国際資格

MOSは世界共通の試験です。合格後に発行される「合格認定証」や「デジタル認定証」は世界で通用する認定証です。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験の概要

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)は、毎月、全国一斉試験をやっていますので、合格できそうな実力がついたタイミングで、いつでもチャレンジすることができます!

受験資格 年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます
試験方法・時期 (1) 全国一斉試験 (毎月1~2回)
・毎月1~2回、全国で一斉に実施する試験です
・原則、毎月いずれかの日曜日に実施します

(2) 随時試験 (都度実施)
・各パソコン教室などが、随時実施する試験です
・日程、会場、申込み方法は、各パソコン教室が随時指定します

※試験の申込み方法は公式サイトよりご確認ください。

試験形式 試験会場に用意されているパソコンを使っての実技試験。
筆記試験はありません。
試験時間 50分
試験レベル ・スペシャリスト(一般)
・エキスパート(上級)
の2種類があります。
出題数 約20~45問
受験料 12,744円または、10,584円

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)出題内容

WordやExcelなど それぞれのOffice製品に備わっている基本操作です。

Word
ページ設定、フォント、段落、スタイル、表や図の挿入、図形の描画、ワードアート、ドロップギャップ、改ページ、セクション区切り、段組、ヘッダーとフッター、ページ罫線、引用文献、差し込み印刷など。

Excel
コピー、様々な貼り付け方法、セル、セルの結合、条件付き書式、スタイル、数値の表示方法、並べ替え、フィルター、基本的な関数、絶対参照と相対参照、オートフィル、様々なグラフの作成、テーブル、ピボットテーブル、マクロなど。

PowerPoint
プレゼンテーション、スライドマスター、スライドペインとアウトラインペイン、プレースホルダー、スライドショー、グラフ・表の作成、アニメーション、画面切り替え、ビデオ・オーディオの挿入、ビデオの作成、リハーサルなど。

Access
データベース、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、様々なビュー、主キーと外部キー、フィールドとレコード、Null、入力規則、リレーションシップ、参照整合性、ラベル、コントロール、コンボボックス、プロパティシートなど。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験の合格率は?

合格率は公式には発表されていませんが、スペシャリストの合格率は約80%、エキスパートの合格率は約60パーセントと言われておりどちらも合格率は高いことが分かります。MOSの合格基準点は受験ごとに幅がありますが、合格基準点は700点以上と言われています。

ただし、合格率が高いからと言って、誰でも合格する易しい試験ではありません。合格率が高いのには理由があります。

 

合格率が高い3つの理由とは?

(1)受験料が高いので準備をしっかりして受験する人が多い!

MOSの資格を受験する受験料は、1科目:10,584円(9,800円+消費税8%)以上です。受験料の高さを考えた時に、合格ラインまでしっかり学習してから受験する人が多く、合格率の高さにつながっていると考えられます。

(2)MOS対策のため問題集&テキストが豊富!

MOS試験は受験者が非常に多い人気試験です。その為、MOSの試験対策用の問題集&テキストは、非常に豊富で良いものが多いです。

(3)Officeを使いなれている人が一定数受験している。

マイクロソフトOfficeは、多くの企業・個人が使っているソフトです。MOSを受験するにあたり、officeを日常的に使っている方が、自分のスキルの証明として、MOSを取得してるケースも多いようです。

そういった場合、最初から操作になれている分、短期間の独学で受験しても合格される方が多いんだと考えられます。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「年齢」「職業」「オフィス製品の使用歴」などで一概には言えませんが、一般的に、「まったくの初学者がMOS試験に合格するのに必要な学習時間」は、100~200時間と言われています。

1日1~2時間、土日に3時間程度の学習時間(月間約50~60時間程度)を確保できたとして、およそ2~3ヵ月程度は準備期間として必要になります。    

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験は独学で合格することは可能?

初学者にとっては、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験の学習は理解が難しい場合があります。一発で合格するためには、なるべく通信講座など「MOS試験のプロ」が作成したカリキュラムや教材を利用したほうが、合格率は飛躍的に向上します。

学生を卒業して試験を受けるのが久しぶりの方は、どこから学習したら良いのか?試験対策にどのくらいの期間が必要なのか?など不慣れな点が多いですので、通信講座等を利用するとスムーズに学習できます!

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験に一発合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

ユーキャン

生涯学習のユーキャン

 

マイクロソフト オフィス スペシャリストの試験は、すべてパソコンを使った実技試験です。ユーキャンの学習用ソフトは、試験問題の出題傾向を分析した約300問を収録し、試験対策もバッチリです!模擬試験は本番さながらの画面・時間配分で挑戦でき、試験当日も安心です!

学費:19,000円 

ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)講座

資格の大原

 

大原のパソコン(MOS)講座は、効率的なカリキュラムで“低価格”を実現しています。また、講義だけでなく模擬テストも付いているので、これだけで合格できる充実のコース内容です。模擬テストは本試験と同形式なので、本番に備えてしっかり対策できます。

学費:35,000円 

【資格の大原】
本気になったら大原♪

 スタディサプリ(旧:リクナビ)

スタディサプリでは、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験」合格を目指す学校を約「1,090コース」紹介しています。お近くの学校検索や各学科の特長、カリキュラム、学費 など各種情報を調べるのに大変役に立つサイトです。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

新品価格
¥2,160から
(2017/8/20 23:28時点)

 

(2)楽天で購入する

「楽天」でマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-IT関連, ビジネス系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.