希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

女性向け 医療・福祉・介護系

福祉住環境コーディネーター

更新日:

 

福祉住環境コーディネーターとは?

高齢者や障害者にとって快適な住環境を提案するのが、福祉住環境コーディネーターの大切な仕事です。依頼主にとって、できるだけ自立し「いきいきと生活できる住環境」を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身に付け、各種の専門家と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。

 

 

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

バリアフリー住宅の新築やリフォームをしたいという顧客の相談に応じて、ケアマネジャーからアドバイスを受けたり、工務店に指示を出したりといったコーディネート、車いす、介護ベッドなどの福祉用具や介護機器、家具選択と利用法のアドバイスなどを行います。

福祉住環境コーディネーターは、福祉施設、介護施設、病院、建築会社、建築設計事務所などで活躍をされていますが、福祉住環境コーディネーター単独としての募集は少なく、仕事の一環として資格を取得される方が多く占めています。

福祉住環境コーディネーターは、高齢者の方の立場となっていかに安全な設備を提案する事が出来るか、また、介助される方がいかに便利性良く仕事が出来るかなどを一番に考え、様々なアイデアが提案できるように研究する事も大切な仕事です。

これからの日本は高齢者社会と言われ、介護施設や養護施設の需要は多く、様々なサービスとともに、いかに安全で安心して過ごす事が出来るかが焦点となっており、福祉住環境コーディネーターの仕事は重要な役割をしていると言えます。

 

福祉住環境コーディネーターの将来性

福祉住環境コーディネーターはまだ生まれて日が浅い資格です。世間での認知度アップもこれからです。資格を取ったので、即、就職に有利かというと難しいところです。就職に役立てるには、福祉系の資格(ホームヘルパー2級など)や、インテリアコーディネーターの資格などと合わせて取得すると有利になります。

 

福祉住環境コーディネーターになるためには?

福祉住環境コーディネーターを目指す為には、福祉住環境コーディネーターとしての業務知識やテクニックを習得する必要があり、介護施設や建築会社などで働きながら資格を取得するのが効率が良く、仕事につながります。   

 

福祉住環境コーディネーター検定とは?

(1)試験日程 2017年度
試験日 第38回(2・3級)
7月9日(日)
第39回 (1・2・3級)
11月26日(日)
申込
登録期間
〔個人〕
4月25日(火)10:00
~5月26日(金)18:00
9月12日(火)10:00
~10月13日(金)18:00
申込
登録期間
〔団体〕
4月25日(火)10:00
~5月24日(水)18:00
9月12日(火)10:00
~10月11日(水)18:00
払込締切日
〔個人〕
6月4日(日) 10月22日(日)
払込締切日
〔団体〕
6月2日(金) 10月20日(金)
受験票
発送日
6月26日(月) 11月13日(月)
受験票
未着問合せ
期間
7月3日(月)・
7月4日(火)
11月20日(月)・
11月21日(火)
成績票発送日 8月10日(木) 2・3級 1級
2018年
1月5日(金)
2018年
3月16日(金)
成績票
未着問合せ
期間
8月18日(金)
~8月25日(金)
2018年
1月12日(金)
〜1月19日(金)
2018年
3月23日(金)
~3月30日(金)

詳細は、オフィシャルサイトでご確認ください。

 

(2)試験時間(制限時間)
1級 前半:マークシート方式 2時間(集合時間10:00)
後半:記述式 2時間(集合時間13:30)
2級 2時間(集合時間13:30)
3級 2時間(集合時間10:00)

※別に説明・配付・回収等約30分

(3)受験料
1級 10,800円
2級 6,480円
3級 4,320円

(消費税8%を含みます)

(4)受験資格

学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
2級からの受験や、2・3級の併願受験も可能です。
※ただし、1級は2級合格者のみ受験可能です。申込登録時に2級証書番号が必要です。

 

(5)各級の基準・出題範囲・合格基準

1級

  • 2級に合格されていることが条件です
  • 制限時間はマークシート方式 2時間(前半)・記述式 2時間(後半)
  • マークシート方式・記述式各100点満点とし、それぞれ各70点以上をもって合格とします
<前半>マークシート式試験

1級公式テキスト(改訂4版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。
※なお、試験はテキストに準拠しますがテキスト外からも出題されます。

  1. これからの社会に求められる福祉住環境整備
  2. 福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割
  3. 地域福祉の推進-福祉コミュニティづくり-
  4. 地域で支える高齢者ケア
  5. 地域で支える障害者ケア
  6. ユニバーサルデザインの概念および沿革
  7. ユニバーサルデザイン環境の整備手法
  8. 高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ
  9. 高齢者住宅・施設の種類と機能
  10. 障害者向け住宅および施設の種類と機能
  11. 福祉住環境のコーディネートの実際
<後半>記述式試験

実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力を問います。

公式テキスト(改訂4版)に準拠いたしますが、法令制度につきましては最新の情報の理解を前提として出題されます。

 

2級

2級公式テキスト(改訂4版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。

  • マークシート方式
  • 制限時間は2時間
  • 100点満点とし、70点以上をもって合格とします
  1. 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
  2. 福祉住環境コーディネーターの役割と機能
  3. 障害のとらえ方
  4. リハビリテーションと自立支援
  5. 高齢者・障害者の心身の特性
  6. 在宅介護での自立支援のあり方
  7. 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
  8. 障害別にみた福祉住環境整備
  9. 福祉住環境整備とケアマネジメント
  10. 福祉住環境整備の進め方
  11. 福祉住環境整備関連職への理解と連携
  12. 相談援助の実践的な進め方
  13. 福祉住環境整備の共通基本技術
  14. 生活行為別福祉住環境整備の手法
  15. 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識
  16. 福祉用具の意味と適用
  17. 生活行為別にみた福祉用具の活用

3級

3級公式テキスト(改訂4版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。

  • マークシート方式
  • 制限時間は2時間
  • 100点満点とし、70点以上をもって合格とします
  1. 少子高齢社会と共生社会への道
  2. 福祉住環境整備の重要性・必要性
  3. 在宅生活の維持とケアサービス
  4. 高齢者の健康と自立
  5. 障害者が生活の不自由を克服する道
  6. バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
  7. 生活を支えるさまざまな用具
  8. 住まいの整備のための基本技術
  9. 生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい
  10. ライフスタイルの多様化と住まい
  11. 安心できる住生活
  12. 安心して暮らせるまちづくり

 

 

福祉住環境コーディネーター検定に合格するメリットとは?

(1)建築業界

 建築関係者の多くが、この資格を取得するメリットを感じています。その理由には、これから家を建てたり、リフォームしたりする人に高齢者が多い(今後も増え続ける)という背景があります。中でも不動産関係や建築士、インテリアコーディネーターなら、この資格を持っていることで周囲から頼りにされます。

 近年、建築分野の仕事において福祉施設の増改築が増えてきました。そこで福祉住環境コーディネーターの資格を取得することで、この資格を建築の仕事にも生かせたという方が多いようです。高齢者は住宅の造りによって、行動や生活の制約を受けていることが多くあります。

その不満・不安について建築関係者が気づく事ができるという事は、この資格の大きなメリットです。これからの高齢化社会がさらに進む日本において、家づくりやリフォームに、福祉住環境コーディネーターは大きな責任と役割を果たす事になります。

 

(2)福祉介護業界

 住宅を新築・改築する際には、「この人にはどんな住環境が必要で、どうすればそれが実現できるのか」を考えます。そのとき福祉住環境コーディネーターを持っていれば、建築基準法などと照らし合わせて計画できるというメリットがあります。

 実際に福祉住環境コーディネーターの資格を取得したことで、提案するサービスに「厚み」が出ると感じている人もいます。利用者のリハビリプランを作成する際、階段のつくりや廊下の広さなどを考えて、自宅で暮らしていくために必要なアドバイスができます。

 

福祉住環境コーディネーター検定の合格率は?

(1)2017年度 試験結果(全国分)

試験日 受験者(人) 実受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
第38回 7月9日(日) 2級 13,030 11,884 5,828 49.0
3級 5,373 4,898 2,460 50.2

(2)2016年度 試験結果(全国分)

受験者(人) 実受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
1級 674 533 39 7.3
2級 28,862 26,281 12,706 48.3
3級 13,237 12,061 5,705 47.3

 

福祉住環境コーディネーター検定の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「初学者が合格するのに必要な学習時間」は、100~200時間と言われています。1日2時間、土日に3時間程度の学習時間(月間約50時間程度)を確保できたとして、およそ2~4ヵ月程度は準備期間として必要になります。

 

福祉住環境コーディネーター検定は独学で合格することは可能?

初学者にとっては、福祉住環境コーディネーター検定の学習は理解が難しい場合があります。一発で合格するためには、なるべく通信講座など「福祉住環境コーディネーター検定のプロ」が作成したカリキュラムや教材を利用したほうが、合格率は飛躍的に向上します。

学生を卒業して試験を受けるのが久しぶりの方は、どこから学習したら良いのか?試験対策にどのくらいの期間が必要なのか?など不慣れな点が多いですので、通信講座等を利用するとスムーズに学習できます!

 

福祉住環境コーディネーター検定に一発合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

ユーキャン

生涯学習のユーキャン

 

ユーキャンの「福祉住環境コーディネーター2・3級」講座では、わかりやすいテキストや添削指導などのサポート体制のほか、質問サービスなどバックアップ体制も充実! わずか6ヵ月の受講期間で無理なく2級・ 3級両方の合格力が身につくカリキュラムです。

学費:49,000円 

ユーキャンの福祉住環境コーディネーター講座

スタディサプリ(旧:リクナビ)

スタディサプリでは、「福祉住環境コーディネーター検定」合格を目指す学校を約「580コース」紹介しています。お近くの学校検索や各学科の特長、カリキュラム、学費 など各種情報を調べるのに大変役に立つサイトです。

 

福祉住環境コーディネーター検定の「過去問」や「対策本」を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

福祉住環境コーディネーター検定試験 2級過去問題集2017年版 ( )

新品価格
¥1,944から
(2017/8/26 20:59時点)

 

(2)楽天で購入する

「楽天」で福祉住環境コーディネーター検定の「過去問」や「対策本」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-女性向け, 医療・福祉・介護系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.