希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

操縦・運転系 車両・船舶・航空機関連 土木建築・不動産系

建設機械施工技士(1級・2級)

更新日:

 

建設機械施工技士とは?

建設工事の現場で使用するブルドーザーや油圧シャベルなどを扱う専門家が建設機械施工技士です。1級は運転技術・施工技術を持った主任者として、現場で指導監督の業務に従事できます。2級は機械の運転や施工を担当します。

なお。2級技士は第1~6種の種別ごとに試験を行い、合格するとその種別の機会のみを取り扱うことができます。受験資格が複雑で、学歴や卒業した学科により必要となる実務経験が変わってきます。

2級技士の種別
  • 第1種(ブルドーザー)
  • 第2種(油圧ショベル)
  • 第3種(モータ・グレーダ)
  • 第4種(ロード・ローダ)
  • 第5種(アスファルト・フィニッシャ)
  • 第6種(アースオーガ)

建設機械施工技士の仕事内容

建設機械施工技士の仕事は、建設現場においてブルトーザ・油圧ショベルといったような建設機械を使って建設を行っていく作業員たちをまとめて工事を円滑に進めるための現場監督のような役割をになう仕事になります。建設現場においてなくてはならない建築機械に関しての知識を高レベルで備えた人材が建設機械施工管理技士です。

 

建設機械施工技士の給与(年収)

 
経験年数・勤務先・地域によって異なりますが、建設機械運転工の平均年収は399.4万円(賞与込)です。

平成28年度 男性データ 

平均年収:400.5万円
平均月収:29.8万円
平均時給:1,588円
年間賞与等:42.2万円
平均年齢:47.6歳
平均勤続年数:12.9年
 

平成28年度 女性データ 

平均年収:3010.3万円
平均月収:23.3万円
平均時給:1,241円
年間賞与等:30.2万円
平均年齢:45.4歳
平均勤続年数:12.7年
 

 

建設機械施工技士の将来性

建設機械施工技士は、社団法人 日本建設機械化協会が試験を実施する国家資格です。建築現場にあるブルドーザーやショベルカーといった大型の機械を操作して工事する技術、土木技術や管理技術のほか、その熟練度・応用力を認定します。

この資格を取得すると、施工現場の監理技術者(1級のみ)または主任技術者としての資格も得られます。また、この資格は建設業の許可を受ける際に必要です。以上のことから将来性のある資格と言えるでしょう。

 

建設機械施工技士になるためには?

建設機械施工技士になるには、一定の実務経験を積んだ後に国家試験を受けて合格する必要があります。

受験資格

●一級
  1. 大学で指定学科卒業後、実務経験3年以上(指定学科以外は4年6月以上)
  2. 短大、高専指定学科卒業後、実務経験5年以上(指定学科以外は7年6月以上)
  3. 高校卒業者で、2級合格者、実務経験5年以上
  4. 2級合格者、実務経験5年以上
  5. 実務経験15年以上 など。

 

●二級
  1. 大学で指定学科卒業後、実務経験6ヶ月以上(指定学科以外は1年以上)
  2. 実務経験6年以上 など。

 

建設機械施工技士試験とは?

(1)試験内容

1級の学科試験

  1. 土木工学
  2. 建設機械原動機
  3. 石油燃料
  4. 潤滑剤
  5. 建設機械
  6. 建設機械施工法
  7. 法規

上記の7科目を行います。基本はマークシート方式ですが、建設機械施工法は記述式で論文を作成する試験です。そのため、試験前に過去問題を解き、いくつかの草案を練っておきましょう。当日行き当たりばったりでは合格できません。学科試験の合格率は30%~31%とかなり低くなっています。

 

1級の実地試験

トラクター系建設機械操作施工法:ブルドーザー(6~12t級)
ショベル系建設機械操作施工法:油圧ショベル(バックホウ)(山積0.28~0.45m3級)
モーター・グレーダー操作施工法:モーター・グレーダー(3.1m級)
締め固め建設機械操作施工法:ロード・ローラー(10~12t級)
ほ装用建設機械操作施工法:アスファルト・フィニッシャー(ほ装幅2.5~4.5m級)
基礎工事用建設機械操作施工:アースオーガー(杭打機40~50t吊級)

 

2級の学科試験

  1. 土木工学
  2. 建設機械原動機
  3. 石油燃料
  4. 潤滑剤
  5. 法規
  6. 選択種の建設機械施工法

上記の6種類で、記述式はありません。そのため合格率は50%前後と1級に比べるとずいぶん高くなっています。初めて建設機械施工技士の資格にチャレンジする方は、まず2級に挑戦した方が合格しやすいでしょう。

 

2級の実地試験

2級の実地試験では、前述した1級の6種の内1種の建設機械の内1種を選択し、実際に運転をする操作施工法の試験が行われます。記述試験はありません。そのため、1級と同じく実地試験の合格率は約88%となっています。正確な操作方法をきちんと取得していれば、合格できるでしょう。

 

(2)願書申込み受付期間

□学科・・・・3月上旬~4月上旬頃まで
□実地・・・・学科試験合格者及び学科試験免除該当者に通知

(3)試験日程

□学科・・・・6月中旬頃
□実地

組合せ施工法・・・・6月中旬
操作施工法・・・・8月下旬~9月中旬の先方指定日


(4)受験地

□学科

北広島、滝沢、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇

□実地

石狩、岩沼、下都賀郡、秩父、小松、富士、刈谷、明石、小野、広島、
善通寺、糟屋郡、国頭郡

(5)合格発表日

□学科・・・・8月上旬頃
□実地・・・・11月下旬~12月上旬頃

 

建設機械施工技士試験に合格するメリットとは?

建設業の仕事は、作業を行う技術者と技術者を管理したり、施工の計画や安全管理を行う主任技術者・監理技術者がいます。また、法律によって工事現場ごとに主任技術者や監理技術者の選任が義務付けられています。

建設機械施工技士の資格は、技術者を束ねる主任技術者・監理技術者になるためには必ず取得しなければなりません。また、建築機械の運転術を客観的に証明できるので、転職活動にも役立つことでしょう。

 

建設機械施工技士試験の合格率は?

建設機械施工技士試験の合格基準は以下の通りです。

1級
  • 学科試験:60%以上の得点
  • 実地試験:各科目60%以上の得点
2級
  • 学科試験:60%以上の得点
  • 実地試験:70%以上の得点

 

1級技士の合格率

学科試験 実地試験
  受検者 合格者 合格率 受検者 合格者 合格率
H24年 2,986 1,100 36.8% 1,156 997 86.2%
H25年 3,203 1,150 35.9% 1,277 1,111 87.0%
H26年 3,241 1,291 39.8% 1,402 1,258 89.7%
H27年 3,544 1,207 34.1% 1,282 1,133 88.4%

 

2級技士の合格率

区分 学科試験 実地試験
受検者 合格者 合格率 受検者 合格者 合格率
H23 第1種 785 470 59.9% 498 378 75.9%
第2種 4,362 2,376 54.5% 2,570 2,334 90.8%
第3種 131 57 43.5% 56 45 80.4%
第4種 470 232 49.4% 248 220 88.7%
第5種 110 32 29.1% 32 32 100%
第6種 86 49 57.0% 48 42 87.5%
H24 第1種 770 382 49.6% 441 288 65.3%
第2種 5,009 2,676 53.4% 2,801 2,492 89.0%
第3種 130 55 42.3% 64 54 84.4%
第4種 474 215 45.4% 230 209 90.9%
第5種 98 40 40.8% 37 33 89.2%
第6種 67 35 52.2% 40 39 97.5%
H25 第1種 789 430 54.4% 492 357 72.6%
第2種 5,721 3,487 61.0% 3,673 3,287 89.5%
第3種 144 74 51.4% 75 60 80.0%
第4種 498 164 32.9% 174 156 89.7%
第5種 92 32 34.8% 35 32 91.4%
第6種 81 54 66.7% 54 53 98.1%
H26 第1種 884 593 67.1% 633 501 79.1%
第2種 5,715 3,952 69.2% 4,153 3,797 91.4%
第3種 143 72 50.3% 76 66 86.8%
第4種 527 253 48.0% 259 244 94.2%
第5種 97 37 38.1% 37 35 94.6%
第6種 59 29 49.2% 30 28 93.3%
H27 第1種 945 347 36.7% 392 319 81.4%
第2種 6,620 3,586 54.2% 3,708 3,281 88.5%
第3種 156 56 35.9% 63 55 87.3%
第4種 617 225 36.5% 231 201 87.0%
第5種 111 43 38.7% 41 36 87.8%
第6種 73 50 68.5% 50 44 88.0%

 

建設機械施工技士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

1級建設機械施工技士

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「初学者が合格するのに必要な学習時間」は、200~300時間と言われています。1日1~2時間、土日に3時間程度の学習時間(月間約50時間程度)を確保できたとして、およそ4~6ヵ月程度は準備期間として必要になります。

 

2級建設機械施工技士

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「初学者が合格するのに必要な学習時間」は、100~200時間と言われています。1日1~2時間、土日に3時間程度の学習時間(月間約50時間程度)を確保できたとして、およそ2~4ヵ月程度は準備期間として必要になります。    

 

建設機械施工技士試験は独学で合格することは可能?

建設機械施工技士試験は独学で合格することは可能です。ただし、1回で合格を目指す方やしっかりと知識を得て合格したい方は。通信講座がおすすめです。できるだけお金をかけずに合格したい方で1級を受験する場合は、組合せ施工法の参考書や過去問題集を購入して勉強をしましょう。

Amazonなどのインターネット書店でも販売されています。また、独学で勉強する場合は、できるだけ解説方法が詳しいものを選びましょう。

 

建設機械施工技士試験の合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

日本大学 

土木工学科

土木工学とは、快適な都市空間を構成する道路、河川、ライフラインなどの社会インフラを計画・設計・施工・管理するための学問。環境保全を視野に社会インフラを創造する“環境・都市コース”、国際的視点から社会インフラをマネジメントする“マネジメントコース”を選択し、挑戦・提案型シビルエンジニアを育成します。

学費:2018年度納入金 156万円

筑波研究学園専門学校

建築土木技術コース

建築物や工作物の建設において重要な要素となる工程・品質・安全・原価などを管理しながら、建築現場の最前線に立って職人の指揮を執る施工管理技術者を育成する。二級建築士/1級・2級施工管理技士(建築・土木・管工事・造園)/1級・2級建設機械施工技士の受験資格認定コース。

学費:2017年度納入金 106万円

中部大学

建築学科

建築学の技術と理論を学び、建築デザインの感性を磨きます。経験主義が実践力を高めます。

学費:2017年度納入金 167万3300円 

SAT

SATの1級建設機械施工技士は、初めて受験勉強をする方でも理解できるように、イチから丁寧に解説していますので、途中でつまずくことなく、スイスイ理解・暗記できます

 

 

建設機械施工技士試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

建設機械施工技術検定問題集〈平成29年度版〉

新品価格
¥6,048から
(2017/10/16 16:12時点)

 

(2)楽天で購入する

「楽天」で建設機械施工技士試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-操縦・運転系, 車両・船舶・航空機関連, 土木建築・不動産系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.