希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

土木建築・不動産系

コンクリート技士/コンクリート主任技士

更新日:

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士とは?

コンクリート技士試験は、コンクリートの製造、施工等に携わっている技術者の資格を認定して技術の向上を図るとともに、コンクリートに対する信頼性を高め、建設産業の進歩・発展に寄与することを目的として、昭和45年度に創設されました。コンクリート技士の上位にはコンクリート主任技士という資格が設けられています。

コンクリート技士はコンクリートの製造、施工、検査および管理など、日常の技術的業務に直接携わり、コンクリート主任技士はコンクリートの製造、工事および研究における計画、施工、管理、指導などを実施製造や研究に関わる計画・管理などの業務に携わります。

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士の仕事内容

コンクリートの技士は設計士や製図家と連携して仕事をしたり、デザイナーなどがかいた設計図のデザインをラフスケッチや手描きの図面を調整するので、コンクリートの専門のプロフェッショナルとして多くの業界から注目される人気の資格になっています。

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士の給与(年収)

大手ゼネコンの場合、他の資格と併用で現場監督として勤務した場合、40歳前後で年収700万円程度になっています。建築関連の職務歴などにより年収は異なりますが、求人では、年収350~450万円程度となっています。また、生コンの製造会社などの場合、400~500万円程度になっています。

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士の将来性

近年の技術の進歩に伴い年々高度化、巨大化、多様化するコンクリート工事に対応し、また、コンクリートの耐久性などに関する信頼性を高めるためにも、今日ますますコンクリートに関する幅広い知識と豊かな経験を有する技術者が多く求められております。

また、コンクリート技士・コンクリート主任技士の資格を取得されますと、コンクリート診断士試験受験の際には、コンクリートの基礎知識に関する試験が免除されます。施工管理技士など監理技術者(主任技術者)をはじめとする、法的に必要な国家資格は、もはや持っていて当たり前になってきます。

他社との差別化やビジネスチャンスを掴んでいくためには、このような資格についてもしっかりと把握していくことが求められるでしょう。また、人材の採用・教育面や社内のキャリア形成においても、このような資格取得を推奨することで、社員のキャリアアップにも活用できます。

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士になるためには?

コンクリート技士/コンクリート主任技士試験に合格しなければなりません。学歴や資格により受験資格に必須となる実務経験が異なります。

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士試験とは?

(1)受験資格

★コンクリート技士

平成28年9月1日現在、次表のa.~d.各号のいずれかに該当する人が試験を受けることができます。

学歴または資格 コンクリート技術関係業務(注1)の実務経験年数 証明書等
a コンクリート技術関係業務(注1)の実務経験者(学歴・年齢は関係なし) 3年以上 実務経歴書およびその証明(受験申込書に記載)
b 大学(旧制大学、短期大学を含む)
  1. 土木工学または建築学に関する学科の課程を修めた卒業者
  2. 前号の学科以外でコンクリート技術に関する科目を履修した卒業者
2年以上 同上のほか(1)の該当者は卒業証明書(2)の該当者は、当該科目の履修証明書または成績証明書(注)大学院にてコンクリートに関する研究を行った者は、その期間を実務経験年数に加算できるが、この場合は大学院の修了証明書が必要
c 高等専門学校(旧制専門学校を含む)
d 高等学校(旧制中学校を含む)
  1. 学校教育法による工業高等学校、旧中等学校令による実学学校で土木工学または建築工学に関する学科の課程を修めた卒業者
  2. 前号の学科以外でコンクリート技術に関する科目を履修した者
2年以上

 

★コンクリート主任技士

平成28年9月1日現在、次表のa.~d.各号のいずれかに該当する人が試験を受けることができます。

学歴または資格 コンクリート技術関係業務(注1)の実務経験年数 証明書等
a コンクリート技術関係業務(注1)の実務経験者(学歴・年齢は関係なし) 7年以上
または、コンクリート技士合格者(注2)
実務経歴書およびその証明(受験申込書に記載)
b 大学(旧制大学、短期大学を含む)
  1. 土木工学または建築学に関する学科の課程を修めた卒業者
  2. 前号の学科以外でコンクリート技術に関する科目を履修した卒業者
4年以上 同上のほか(1)の該当者は卒業証明書(2)の該当者は、当該科目の履修証明書または成績証明書(注)大学院にてコンクリートに関する研究を行った者は、その期間を実務経験年数に加算できるが、この場合は大学院の修了証明書が必要
c 高等専門学校(旧制専門学校を含む)
d 高等学校(旧制中学校を含む)
  1. 学校教育法による工業高等学校、旧中等学校令による実学学校で土木工学または建築工学に関する学科の課程を修めた卒業者
  2. 前号の学科以外でコンクリート技術に関する科目を履修した者
5年以上

 

(2)試験地

札幌、仙台、東京(習志野市)、名古屋、大阪、広島(東広島市)、高松、福岡、沖縄

(3)本試験日

年1回、11月下旬の日曜日

(4)試験時間

午後1時30分~4時

(5)試験内容

下記(1)(2)における基礎的な知識と理解力を問う試験

  1. 土木学会コンクリート標準示方書(RC示方書)ただし構造設計関連の内容は除く
    日本建築学会建築工事標準仕様書JASS 5鉄筋コンクリート工事

    • a.コンクリート用材料の品質、試験および管理
    • b.コンクリートの配(調)合設計
    • c.コンクリートの試験
    • d.プラントの計画管理
    • e.コンクリートの製造および品質管理
    • f.コンクリートの施工
    • g.その他
  2. 関係法規(たとえば建築基準法施行令のうちコンクリートの品質ならびに施工に関係する事項)およびコンクリート関係のJIS

(6)試験形式

マークシート方式 計60問(4択…40問 / 〇×…20問)

(7)合格基準

技士、主任技士とも、100点満点中、おおよそ70点以上で合格となります。
また、四肢択一問題と○×問題双方とも、70%以上の得点率が必要です。

(8)合格発表

1月中旬

 

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士試験の合格率は?

★コンクリート技士

平成16年度以降の試験合格率は、ほぼ30%前後で推移しています。

年度 受験者数 合格者数 合格率
28年度 9,300人 2,684人 28.9%
27年度 9,063人 2,665人 29.4%
26年度 8,585人 2,556人 29.8%
25年度 8,130人 2,342人 28.8%
24年度 7,923人 2,372人 29.9%

 

★コンクリート主任技士
年度 受験者数 合格者数 合格率
28年度 3,506人 455人 13.0%
27年度 3,477人 453人 13.0%
26年度 3,347人 404人 12.1%
25年度 3,270人 422人 12.9%
24年度 3,228人 396人 12.3%

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

★コンクリート技士

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「初学者が合格するのに必要な学習時間」は、200時間程度と言われています。1日1~2時間、土日に3時間程度の学習時間(月間約50時間程度)を確保できたとして、およそ4ヵ月程度は準備期間として必要になります。  

 

★コンクリート主任技士

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「初学者が合格するのに必要な学習時間」は、500時間程度と言われています。1日1~2時間、土日に3時間程度の学習時間(月間約50時間程度)を確保できたとして、およそ10ヵ月程度は準備期間として必要になります。

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士試験は独学で合格することは可能?

コンクリート技士/コンクリート主任技士試験の対策講座は、ほとんど行われていないため過去問を使って独学で試験対策している方がほとんどです。ですので独学での合格はもちろん可能ですが、基礎から学びたい方は、日建学院の講座がおすすめです。

 

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士試験の合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

日建学院

基本項目の重要ポイントを中心に学習し、各講義ごとに過去問題の出題傾向に合わせた演習問題を用意。 演習問題では基本演習問題と主任技士に対応した演習問題で実践力が身に付きます。

また、小論文対策も過去問題の分析と例文を使っての学習で効果的に理解度が増し、合格力を無理なく養成できます。本講義をよりわかりやすく整理できるサブテキスト付です。

学費:30,000円(コンクリート技士)35,000円(コンクリート主任技士) 

芝浦工業大学

土木工学科

道路や構造物などの基礎を支える地盤について研究する「地盤工学研究室」、都市構造や交通行動の研究を行う「交通計画研究室」、ゴミをはじめとする都市システムを研究する「都市環境工学研究室」など、社会ニーズに対応した12の研究室があります。

学費:2017年度納入金 169万7080円 

東海大学

土木工学科

土木工学は、道路・鉄道・港湾・河川・上下水道・自然環境等、文明社会を支えるインフラ整備・構築に役割を果たす社会的責任の大きい学問。本学科では、建設・防災分野や環境・計画分野に関する科目を幅広く設置し、国・地方自治体や、民間建設企業、民間コンサルタント会社等で活躍できる土木技術者を育成します。

学費:2017年度納入金 166万3200円

浅野工学専門学校

建築工学科

建築に関する知識や技術だけでは建築業界を渡り歩くことはできません。与えられた知識のほかに、自らの探究心・創造力や応用力、協調性や社会性を磨くことが必要になります。本校では社会経験豊かな講師陣が親身になってサポート。建築に関する質問・相談はもちろん、将来の夢に向けた取り組み方などアドバイスも行います。

学費:2017年度納入金 116万円

 

コンクリート技士/コンクリート主任技士試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

2017年版この一冊で合格! コンクリート技士徹底図解テキスト

新品価格
¥2,700から
(2017/10/16 23:57時点)

 

(2)楽天で購入する

「楽天」でコンクリート技士/コンクリート主任技士試験の「過去問」や「対策本」を購入する!  

 

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-土木建築・不動産系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.