希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

ゲーム制作系 クリエイター(創作)

ゲームクリエイター

更新日:

 

ゲームクリエイターとは?

ゲームクリエーターとは、ディレクターやプランナーをはじめ、プログラマーやキャラクターデザイナーなどのゲーム制作に携わる職業の総称です。

ゲーム制作には多くの職種が関わっており、ディレクターやプロデューサー、シナリオライター、グラフィックデザイナー、プログラマー、サウンドクリエイターなどを総じてゲームクリエイターと呼びます。

ゲームが大好きな方にとって、ゲームの開発に携わることができる「ゲームクリエイター」という仕事は憧れではないでしょうか。とても人気が高いため、常に競争率が激しい仕事だといえます。

ゲーム制作の現場は、「プロデューサー」や「プランナー」によるゲームの企画からはじまります。そして、実際に企画されたゲームのストーリーなどをもとに、ディレクターが指揮をとってゲームのシステムとなるプログラムやキャラクターグラフィックなどの構築作業へ移ります。

ゲームは、いくつかの役割を担ったチームによって作り上げられていきます。大規模なゲームは、数年をかけて作り上げられることもあります。自分たちが携わったゲームが世の中に送り出され、多くの人にプレイされるという達成感はゲームクリエーター独特のやりがいになります。

 

 

ゲームクリエイターの仕事内容

ゲームクリエイターと一言で言っても、その仕事内容は多岐に渡ります。大きく分類すると「企画系」「開発系」に分類することができます。

<企画系>

まずは企画からスタートします。企画には下記のような職種が携わっており、アイデアを持ち寄って会議を重ねながら、ゲームの土台を作り上げます。企画が固まった後も、それぞれの仕事を担当しながらゲームを完成させていきます。

(1)プロデューサー

ゲーム制作上の予算管理、メンバーのチーム編成、スケジュール管理など、全体的な管理・運営が主な仕事です。現場以外の仕事も多くなりますが、作品を統括する必須のポジションとなります。

(2)ディレクター

現場を監督するポジションです。作業スケジュールの確認や、メンバーへの指示、クオリティの管理など、チームを統括する役割を担います。プロジェクト全体を見渡し多くのメンバーをまとめ、適切な指示を出すという重要な役割を果たします。

(3)プランナー(スクリプター、ゲームデザイナー)

ゲームを企画する役割を担います。マーケティングなども考慮しつつ、企画を行い仕様書を作成します。場合によっては、シナリオ作成、テスト、スクリプト言語を用いたプログラムなどの作業も担当します。

 

<開発系>

企画が決定すると、つぎに開発のフェーズに移ります。企画された世界観を崩さぬよう開発系のメンバーが実際にゲームを作り上げていきます。

(1)グラフィックデザイナー

キャラクターや背景などの絵を担当します。様々な動きや効果を加えながら、2次元もしくは3次元のグラフィックスを作成します。ポリゴンと呼ばれる3Dグラフィック技術を使って、登場人物や背景といったすべての絵を描いていきます。

(2)シナリオライター

ゲームのストーリーや登場人物のセリフを決めて行きます。全体を見ながら調整しシナリオを作っていく必要があるため、プロデューサーやディレクターが兼任するケースも多く見られます。

(3)サウンドクリエイター(サウンドコンポーザー)

ゲーム内で使用されるBGMや効果音を制作するポジションです。テーマ曲やシーンにあった楽曲、細かな効果音(SE)など、ゲームの世界観に合ったサウンドを作り上げます。

(4)プログラマー

絵や音、システムなどの必要な要素をゲームに落とし込む作業を行います。開発言語を用いてプログラミングを行い、バグを修正しながら作業を進めます。

 

<企画系>
・プロデューサー
・ディレクター
・プランナー(スクリプター、ゲームデザイナー)

<開発系>
・グラフィックデザイナー
・シナリオライター
・サウンドクリエイター(サウンドコンポーザー)
・プログラマー

 

ゲームクリエイターに共通して必要なスキルは?

(1)コミュニケーションスキル

ゲーム制作には様々な職種の多くの人たちが携わります。チームでの共同作業を行うため、メンバーとのコミュニケーションスキルは1番重要と言っても過言ではありません。コミュニケーションを図って他部門と仕事を進めていく場面も多く、密な連携を取ることでスムーズに制作を進めることができます。

(2)分析力

多くのゲームがリリースされる中、ヒット作を生み出すためには市場の動向やトレンドなどを分析することがとても重要です。リリースのタイミングやプロモーション活動に分析結果を活かすことで、ヒット作に繋がっていきます。世の中のトレンドが急激に変化している現代において、トレンドを分析するスキルはゲームクリエイターにとっても欠かせないスキルです。

(3)ゲームが好きであること

良いゲームを長く作り続けるにはゲーム好きということもとても大事な要素になります。ゲームを実際にプレイしていることは、ゲームクリエイターにとってとても大切です。自らがゲームをプレイしていれば、ユーザーの目線になってゲームを客観的に見ることができます。

また、ゲーム制作には細かな作業やバグの修正など忍耐力が必要なため、ゲームが好きでなければ長く続けることはできません。ゲームが好きな方こそが制作に熱意を注げるため、ゲームクリエイターに向いていると言えるでしょう。

 

 

ゲームクリエイターの1日

 

09:45 :出社

10:00 :企画会議

12:00 :ランチ

13:00 :キャラクターデザイン

15:00 :小休憩

16:00 :ミーティング

19:00 :小休憩

21:00 :退社

 

ゲームクリエイターの給与(年収)

ゲームクリエイターの年収は、勤めている会社の規模や役職によって大きく異なります。一般的に正社員として働く場合は、年収300~600万円程度になっています。ただし、上場企業でプロデューサークラスになると、年収1,000万円超えも可能です。

 

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 256.5万円 16.0万円 64.1万円
25~29歳 269.5万円~319.5万円 20.0万円 79.9万円
30~34歳 251.0万円~351.0万円 21.9万円 87.8万円
35~39歳 296.5万円~400.5万円 25.0万円 100.1万円
40~44歳 329.0万円~450.0万円 28.1万円 112.5万円
45~49歳 382.0万円~504.0万円 31.5万円 126.0万円
50~54歳 430.0万円~540.0万円 33.8万円 135.0万円
55~59歳 425.5万円~535.5万円 33.5万円 133.9万円
60~65歳 264.5万円~535.5万円 22.8万円 91.1万円

出典元:平均年収.jp

 

ゲームクリエイターの将来性

今のゲーム業界は技術の進歩やスマホの普及が目覚ましく、とても競争の激しい世界になっています。 また家庭用ゲーム機から離れ、携帯型やスマホでのユーザーが中心となっており、常に動向には気を配らなければいけません。

スマホアプリ市場はその参戦のしやすさからも普及率からもどんどん新しい会社が出てきており、以前より人気だった大手メーカーに負けない売上を出すことも珍しくありません。 つまりそれは裏を返せば、多くの会社が赤字となってしまう一面を秘めているということです。

ただし、ゲーム業界は、確実に無くならない業界と言えるので、確かなスキルさえ身に付けておけば仕事に困ることはないでしょう。 専門的な知識とスキルを身につけ新しい技術を習得するという面で常に学びが欠かせない仕事ですが、それだけ挑戦しがいのある業界と言えます。

また実力主義な現場が多く、年齢や学歴に縛られずに活躍が見込めます。頑張れば頑張るだけステップアップ出来るため、ゲームが好き! ゲームを作りたい! という熱意を持った方に適しています。専門性が高い仕事のために身に付いたスキルを活かす場所には困らず、キャリアアップや転職面では高水準を見込める仕事です。

今後もゲーム業界は進化・発展が続くと考えられています。今後に向けて、注目されているのは、VR(バーチャル・リアリティ)の活用です。VRを導入した完成度の高いゲームを作るには、プログラマーやグラフィックデザイナーのさらなる知識と技術力の高さが必要になってきます。また、より楽しい新しいゲーム作りのために、プランナーの重要性が高まるともいわれています。

 

ゲームクリエイターになるためには?

ゲームクリエーターになるには、任天堂などのゲームメーカーやマーベラスなどの下請けとなるゲームソフト制作会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、ゲーム専攻のある専門学校の卒業者が多く働いています。

ゲームクリエーターの採用にあたっては、資格の有無を求められることはあまり多くありません。資格というよりも専門学校などでゲーム制作における知識を身に付けているかどうかが基準となります。

ゲーム開発に携わる場合は、コンピューター関係の学校で基本的なパソコンスキルはもちろん、グラフィックスキル、プログラミングスキルなどを習得する必要があります。プロデューサーやディレクターといった企画職を目指す場合は、大卒以上の学歴が求められる場合が多いようです。

つまり、ゲームクリエイターになるには、コンピューター系の専門学校、短大・大学などで、パソコンスキル、グラフィック、プログラミング、プランニングなどの専門のスキルを習得することが近道です。スキル習得後、ゲームメーカーやゲームソフト制作プロダクションに入社し、希望の職種に配属されるのが一般的です。ただし、スキルさえあれば、企業に属せずにソフトを自作するフリーランスのゲームクリエイターもいます。

 

ゲームクリエイターに資格はいるの?

結論から言ってしまうと、絶対に必要な資格というものはありません!

ただし、ゲームクリエイターを目指している人が取得するとスキルアップにつながる資格は以下のとおりです。

(1)CGクリエイター検定

(2)CGエンジニア検定

(3)マルチメディア検定

(4)C言語プログラミング能力検定

(5)画像処理検定

 

 

独学でゲームクリエイターになることは可能?

ゲームクリエイターになろうとするとき、多くの人は、大学や専門学校でゲームクリエイターに必要な知識やスキルを身につけようと考えるかもしれません。しかし、独学でゲームクリエイターになることも可能です。ゲームクリエイターは、絶対に必要とされる資格があるわけでなく、企業によっては学歴や学校で勉強してきたこともほとんど問われません。

ただし、プログラマーやデザイナーなどの職種の場合、どのような学校で学んだかよりも、制作スキルが重視される傾向が強くなります。プログラマーであれば、プログラミング言語を扱える人や、自分で作品を作ったことがある人は評価されるでしょう。

独学でもプログラミング言語を学ぶことは可能ですし、実際に独学で情報技術関連の資格を取得し、プログラマーとしての就職を果たしている人もいます。デザイナーの場合も、独学でデッサン力を高めたり、PhotoshopやIllustratorで作品作りをすることは可能です。

オリジナルの企画や作品集をゲームメーカーやゲーム制作会社に持ち込んで評価してもらい、高い評価が得られれば、その会社に入社でき、ゲームクリエイターとしてデビューできるかもしれません。

また、ゲームメーカーなどが後援して行うコンテストへの応募も考えられます。後援企業の目に留まれば、ゲームクリエイターになれる可能性があります。ただし、いずれも本人が高い知識やスキルをもっていることが前提となるため、専門学校で学ぶレベルを独学で学ぶくらいの努力や才能が必要と言えるでしょう。

 

ゲームクリエイターを目指す「おすすめの学校」とは?

学校名(教材名) 詳細

東京マルチメディア専門学校

少人数制クラスで疑問点もすぐ解消できる理想的な学習環境です。ゲームを作りながら学べるのでスキルの上達が実感できます。1年次はCGやプログラミングなどゲームの基礎を総合的に学び、2年次から本格的な制作を開始します。丁寧にじっくりと個別指導に近い形で学べる環境は、他校にない本校の魅力です。

学費:2017年度納入金 81万円

 

東京工学院専門学校

ゲーム制作のための総合力を習得するコースが「ゲームクリエーターコース」です。企画、2DCG、3DCG、サウンド、シナリオ、プログラム、Webというゲーム制作7つの技術を勉強します。1年次に習得した技術をもとに、2年次ではクラス全体で年間4本のゲームを制作します

学費:2017年度納入金 120万円 

 

アーツカレッジヨコハマ

授業を通じて得た知識や技術をより発展させるため、企業との連携講座を定期的に開催。また選択ゼミにより、実践力を養っていきます。これらにより、プ口の現場で通用する技術が身につくだけでなく、業界就職にもつながっていきます。 

学費:2017年度納入金 119万円 

 

HAL東京

アイディアの引き出しや企画書作成、企画の骨格となるストーリーや世界観の立案、開発プロセス全体を管理するためのプロジェクトマネジメントなど、企画・開発に特化したカリキュラムで、ゲーム業界で活躍するために必要なセンス・スキルを修得。デザイン・プログラミングなど幅広いスキルも身につき、就職の際も有利です。

学費:2018年度納入金(予定) 165万3000円

 

HAL大阪

デッサンや色彩感覚といったデザイン力の基礎固めからスタートし、メカやキャラクターのCGデザイン、背景デザインなど、ゲームのデザインに特化したカリキュラムで、将来ゲーム業界で活躍するために必要なセンス・スキルを修得します。企画・プログラミングなど幅広いスキルも身につくので、就職の際には圧倒的に有利です。

学費:2018年度納入金(予定) 153万3000円 

 

 

試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

ゲームクリエイターの仕事 イマドキのゲーム制作現場を大解剖!

新品価格
¥2,138から
(2017/11/19 23:56時点)

 

(2)楽天で購入する

楽天で「ゲームクリエイター関連商品」を購入する!      

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-ゲーム制作系, クリエイター(創作)

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.