希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

医療・福祉・介護系

理学療法士

更新日:

 

理学療法士とは?

理学療法士は、ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

 

理学療法士の仕事内容

理学療法士は、病気やケガで病院・施設に来られた患者さんが、元の日常生活に戻るまで、様々な治療やサポートを行います。小さい子供からお年寄りまで、すべての人を対象に、その人の身体の状態に応じて、治療と予防のリハビリプログラムを作成します。

具体的には、「歩く」「立つ」「起き上がる」などの日常生活に必要な基本動作能力の回復や、「転倒予防」「腰痛体操」など筋力改善を指導します。理学療法士が行うリハビリは、「理学療法」と呼ばれ、主に、「(1)運動療法」と「(2)物理療法」と呼ばれています。

(1)運動療法

ストレッチ・体操、歩行訓練などの筋力改善を目的としたリハビリは運動療法と呼ばれています。

(2)物理療法

運動療法を補助的にサポートするリハビリとして「鎮痛効果」や「麻痺の回復」などを目的とした「温熱療法」や、マッサージなどは物理療法と呼ばれています。

また、理学療法士が活躍する現場は、「(1)スポーツリハビリ」と「(2)病院・老人保健施設」「(3)訪問リハビリ」になります。

(1)スポーツリハビリ

理学療法士の仕事で高校生などに一番身近なイメージが、スポーツリハビリです。プロスポーツ選手をはじめ、スポーツで骨折など怪我をされた方の基本動作を回復させるために運動・物理療法を行います。スポーツチームでトップアスリートのトレーナーとして活躍している理学療法士も多くいます。

(2)病院・老人保健施設

理学療法士の就職先の多くは、病院や介護老人保健施設です。病院では、急性期という入院直後の患者様のリハビリテーションを支援します。

病気や怪我で入院することになってしまった患者様が意欲的にリハビリテーションに臨めるよう、二人三脚でサポートする役割を担っています。

(3)訪問リハビリ

訪問リハビリとは、理学療法士が患者さんの自宅(または施設)に訪問し、リハビリを行うサービスです。実際に生活している場でリハビリを行えるため、患者さんが実際の生活で困っていることやできるようになりたいという希望に合わせた訓練・リハビリメニューを組み、自主練習を指導することができます。

理学療法士は、訪問したその日の状態に合わせて公園に一緒に行くなど生活圏での訓練を行います。また、寝たきりの患者さんには寝返りをうつ練習をしたり、痰を排出させて肺に空気が入っている事を聴診器で確認したりと患者さんの状態に合わせた理学療法を行います。

 

 

 

 

 

 

理学療法士の1日

8:45~9:00    ミーティング

9:00~12:30    入院・外来治療

12:30~13:15  昼休み

13:15~13:30  ミーティング

13:30~17:00  入院・外来治療

17:00~20:00  ベッドサイド治療

 

理学療法士の給与(年収)

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 268.5万円 17万円 67.1万円
25~29歳 334.4万円 21万円 83.6万円
30~34歳 367.4万円 23万円 91.8万円
35~39歳 419.2万円 26万円 104.8万円
40~44歳 471.0万円 29万円 117.8万円
45~49歳 527.5万円 33万円 131.9万円
50~54歳 565.2万円 35万円 141.3万円
55~59歳 541.7万円 34万円 135.4万円
60~64歳 381.5万円 24万円 95.4万円

出典元:平均年収.jp

 

理学療法士の将来性

高齢化の進展に伴い、リハビリを必要とする高齢者が増加しています。介護が必要な状態にいたる前に身体機能の低下を防ぐ予防リハビリ、さらに訪問リハビリなども次第に広まっており、理学療法士への需要は高まっています。

また、スポーツ分野でも、理学療法の手法を取り入れたケガの応急処置やコンディショニングに目を向けるチームや選手が徐々に増えており、理学療法士の新たな活躍の舞台として期待されています。

さらに、理学療法士として実務経験を経ると介護支援専門員(ケアマネージャー)の受験資格が得られるので、介護保険制度の担い手としても活躍が期待されます。

 

理学療法士になるためには?

理学療法士になるには、高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上学んで国家試験の受験資格を得る必要があります。養成施設には、4年制の大学、3年制の短大、3年制または4年制の専門学校があります。

なお、すでに作業療法士の資格を持っている人は、養成校で2年以上学べば受験資格が得られます。また、外国の養成校を卒業した方、外国で理学療法士の免許を取得した人は、所定の手続きをして厚生労働大臣の認定を受ければ、新たに養成校に入る必要がない場合や不足した単位のみ取得すればいい場合もあります。

これらの学校では、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学などを講義と実習を通して学びます。国家試験の合格率は例年80~90%台ですが、70%台に落ちた年もあるので注意が必要です。

 

理学療法士試験とは?

(1)試験日について

以前は3月上旬に行われていましたが、現在は毎年2月下旬に実施されます。細かくいうと2月最後の日曜日というのが近年の傾向です。なお、点字試験受験者については試験日程が二日間あり、一日目は一般試験同様筆記試験、二日目は口述試験及び実技試験が行われます。
 

(2)試験会場について

全国各都道府県全てであるわけではないので、会場のない都道府県の方は、定められた地域の試験会場まで行く必要があります。なお、筆記試験は、全国指定された以下の会場で行われます。

【試験会場】
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県

 

(3)問題数・試験科目について

<一般問題>

主に授業で習う内容が出題されます。

問題数:160問

点数:1問1点

内容:[解剖学][生理学][運動学][病理学概論][臨床心理学][リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)][臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法]

実地問題>

 授業で習う内容に加え、実技や実習で培ったことが問われる問題です。

問題数:40問

点数:1問3点

内容:[運動学][臨床心理学][リハビリテーション医学][臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法]

 

点字試験受験者

点字試験受験者に対しては、実地問題については行われず、翌日の口述および実技試験にてその内容を補います。その他、視覚障害者に対しては、弱視用試験又は点字試験による受験が認められており、点字試験受験者に対しては、試験問題の読み上げの併用による受験が認められています。

 

(4)試験形式について

試験時間は、午前午後ともに2時間40分です。問題数は、午前100問・午後100問です。問題の内訳は、午前午後ともに一般問題80問・実地問題20問となります。また、問題は五肢択一問題が多いですが、近年は、五肢択二問題が増えてきています。

 

理学療法士試験の合格率は?

【第52回理学療法士国家試験合格状況】平成28年度

区分 受験者数 合格者数 合格率
新卒 10,721 10,319 96.3%
既卒 2,998 2,069 69.0%

 

【第51回理学療法士国家試験合格状況】平成27年度
区分 受験者数 合格者数 合格率
新卒 10,562 8,662 82.0%
既卒 1,953 610 31.2%

 

【第50回理学療法士国家試験合格状況】平成26年度
区分 受験者数 合格者数 合格率
厚生労働大臣指定 新卒 6,085 5,330 87.6%
既卒 1,270 513 40.4%
文部科学大臣指定 新卒 4,242 3,883 91.5%
既卒 405 206 50.9%

 

【第49回理学療法士国家試験合格状況】平成25年度
区分 受験者数 合格者数 合格率
厚生労働大臣指定 新卒 6,186 5,470 88.4%
既卒 1,052 312 29.7%
文部科学大臣指定 新卒 3,703 3,454 93.3%
既卒 188 79 42.0%

 

【第48回理学療法士国家試験合格状況】平成24年度
区分 受験者数 合格者数 合格率
厚生労働大臣指定 新卒 6,039 5,574 92.3%
既卒 1,675 1,042 62.2%
文部科学大臣指定 新卒 3,403 3,289 96.7%
既卒 294 210 71.4%

 

 

理学療法士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

一般的に、「初受験者が合格するのに必要な学習時間」は、学校での学習以外で300~500時間と言われています。1日2時間、土日に3時間程度の学習時間(月間約50時間程度)を確保できたとして、およそ6~10ヵ月程度は準備期間として必要になります。

理学療法士試験は、1年に1回のチャンスしかありません。必ず1発で合格できるように、早めに受験対策を行いましょう!

 

理学療法士試験に一発合格を目指す「おすすめの学校」とは?

学校名(教材名) 詳細

日本福祉大学

障害のある人や高齢者を支えるための、心身のリハビリテーションや介護の知識・技術を修得します。支援を必要とする人のこころまで理解し、保健・医療・福祉の連携による総合的な支援を学びます。

実践的な専門技術を身につけ、チーム医療の一員として活躍できるプロを育成します。

 

東京医療学院大学

卒業と同時に理学療法士〈国〉の受験資格を取得できます。定期的な模試など、受験対策を実施することで「全員合格」を目指しています。また、リハビリの専門家を多く輩出してきた学校法人常陽学園のノウハウを活用することで、万全の体制があります。

 東京メディカル・スポーツ専門学校

座学だけでなく、生徒が自ら体感して学ぶ授業を多く取り入れています。たとえば、熱・電気・光・力などを組織に与えて自然治癒力を高める「物理療法」は、実際に受けてみてその変化を体感しながら学びます。

また全員が参加する実習にプラスして、希望者向けの実習も豊富に用意しています。 

 臨床福祉専門学校

本学科は、3年間の学習で理学療法士を目指します。実技に重点を置いたカリキュラムで、入学後早期から実技授業を多く取り入れ、現場で活きる力を習得。

1年前期には「基礎学習」でノートの取り方や暗記法など効率の良い勉強方法や医療人に必要なマナーなどを身につけます。また、苦手分野の補習・復習を行う「寺小屋(課外授業)」などで学生一人ひとりを徹底的にサポートするため、安心して学べます。 

 日本リハビリテーション専門学校

現場の即戦力として活躍する、人間性豊かな理学療法士を目指す学科です。独自の技術系授業を210時間実施して実践力を身につけ、豊富な実習で臨床能力を高めます。

また臨床実習時間は1125時間(厚労省の基準は810時間)、実習先は理学療法学科・作業療法学科合わせて全国300ヵ所以上。

実習前には臨床の現場と同じ条件のもとで模擬問診・模擬検査を実施するなど、実習準備も充実!理学療法士を一生の仕事にするための知識・技術を4年で習得していきます。 

 

理学療法士試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

第48-52回 理学療法士・作業療法士 国家試験問題 解答と解説 2018 CD-ROM付(第42-51回を収録)

新品価格
¥6,696から
(2017/8/25 22:12時点)

 

(2)楽天で購入する

「楽天」で理学療法士試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-医療・福祉・介護系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.