希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

IT関連

応用情報技術者試験

更新日:

応用情報技術者試験とは?

応用情報技術者試験合格者のレベルは、「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」です。

基本情報技術者がITの基本的知識・技能を有するかを問うレベルの試験であり、主に学生や新人を対象にしている事に対して、応用情報技術者ではある程度の業務経験を積み、IT技術や企業活動に対するに関する深い知識を持つに至った者を対象としてます。

受験者の平均年齢29~30才であることからも、業務経験5~6年ほどの中堅のプログラマーやシステムエンジニアが受験者の中心であることがわかります。応用情報技術者試験に合格すると社内での待遇アップや転職時に有利になったりと様々なメリットがあります。

 

応用情報技術者試験の位置づけ(情報処理技術者試験)

応用情報技術者試験は、「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」を対象としています。情報処理技術者試験制度のスキルレベル3(スキルレベルは1から4)が設定されています。

応用情報技術者試験は、IT関連資格でも難しい資格となっています。応用情報技術者は高品質なシステム開発の専門家で、主に基本戦略の立案やITソリューション・製品やサービスを実現する業務に従事する者を対象としています。

システムの設計・開発をしたり、汎用製品の最適な組み合わせによって、信頼性・生産性の高いシステムを作り上げることができるかどうかを問いています。

業界で働いている技術者向けの試験ですので、学生には難易度が高いですが、高校生でも合格者がいますので、しっかりと試験対策を行えば合格できないほど難しい試験ではありません。

 

 

応用情報技術者試験を合格することのメリット

(1)技術の認定になる

ただ単にIT技術を正しく扱えるだけでなく、プロジェクトの中核として必要な知識・技能を有し、与えられた状況の中で最適な選択又は立案ができる人材があることが認められると言えるでしょう。

 

(2)高度試験の一部が免除される

この試験に合格し、更に上位の高度試験を受験する際に免除措置が設けられています。

合格した年度を含む2年以内にネットワークスペシャリスト試験、ITストラテジスト試験、プロジェクトマネージャ試験、システムアーキテクト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験等の高度試験を受験した場合、これらの試験で共通して実施される午前I 試験は申請により免除されます。

 

(3)進学や就職に有利

特に高校生でこの試験に合格することができれば、大学の推薦をもらえたり、一部の専門学校では授業費免除の特待生として学ぶことができたりと、高校生ならではの特筆すべきメリットがあります。また、就職する場合についてもメリットがあります。

 

(4)資格手当・報奨金の対象資格

IT関連企業の場合、この試験に合格すると資格手当や、報奨一時金が支給されることも多いです。様々な企業が公開している金額を平均すると、資格手当で毎月5,000円~20,000円、一時金の場合は50,000円~200,000円となっています。また、資格を保有していることで「リーダー」に抜擢されたり昇進のチャンスも多くなります。

 

応用情報技術者試験の合格率は?

 年度 受験者数 合格者数 合格率
26年春期 29,656人 5,969人 20.1%
26年秋期 33,090人 6,686人 20.2%
27年春期 30,137人 5,728人 19.0%
27年秋期 33,253人 7,791人 23.4%
28年春期 28,229人 5,801人 20.5%

 

応用情報技術者試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

業界未経験者で何の知識がない方が合格までに必要な期間は、最低でも6ヶ月(300~500時間)は必要になります。試験に合格することが目的なのか職場で試験合格を生かした仕事に就くのかで、勉強の中身も違ってきます。

体系的に知識をしっかりと覚えるならば、専門学校などで学習するべきですし、合格だけが目的ならば、ひたすら過去問を解きまくって、足りない知識だけを補足する形で学習すれば、合格できてしまうかもしれません。今後IT業界で向上心をもって働くのであれば、体系的に学習したいところです。   

 

応用情報技術者試験は独学で合格することは可能?

初学者にとっては、応用情報技術者試験の学習は理解が難しい場合があります。一発で合格するためには、なるべく通信講座など、応用情報技術者試験のプロが作成したカリキュラムや教材を利用したほうが、合格率は飛躍的に向上します。

学生を卒業して試験を受けるのが久しぶりの方は、どこから学習したら良いのか?試験対策にどのくらいの期間が必要なのか?など不慣れな点が多いですので、できるだけ通信講座等を利用しましょう!

どんな試験にも言えることですが、試験に合格することがゴールではありません。資格をしっかりと活用して職場で継続して正しく運用していくことがゴールになります。そのために合格さえすれば良いのではなく、しっかりと学習した内容を理解することが重要になります。そのような意味でも通信講座などを利用し、しっかりと学習することが必要と言えます。

 

応用情報技術者試験に一発合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

第1位

TAC

 

応用情報技術者試験の指導に長年携わっている講師が講義を担当します。出題傾向を踏まえた講義を展開します。応用情報技術者の難関となる記述式の午後試験についても「考え方」を丁寧に解説いたします。

短期間で合格するためには、正しい“学習法”と“学習計画”が不可欠です。TACのカリキュラムは、「合格」に必要な要素のみを効率的に配置しています。TACのカリキュラムに沿って学習していけば、自然と合格レベルへの到達できる。

学費:98,000円 (コースによって異なります)

資格の学校TAC<情報処理技術者>各種コース開講

第2位

資格の大原

 

情報処理の分野は、独学で書籍を読んでも理解が難しい項目や、学習ボリュームが多いことから途中で諦めてしまう受験生も少なくありません。

大原では、経験豊富な講師が例題や過去問題を活用して、合格に必要な専門知識をわかりやすく講義するから安心です。

学費:47,000円(コースによって異なります)

【資格の大原】
本気になったら大原♪

第3位

 ITEC

アイテックが30年以上ノウハウを培ってきた書籍でインプット学習を行い、時間・場所問わず学習できるe-learningで学習し、総まとめを詳細な解説がついた模擬試験で行います。

プレミアムコースでは基礎の基礎から理解したい方に、アイテックが必要だと考えた教材が全て揃っており深い知識が身につきます。

学費:39,960円 (コースによって異なります)

スタディサプリ(リクナビ)

スタディサプリでは、「応用情報技術者試験」合格を目指す学校を約「620校」紹介しています。お近くの学校検索や各学科の特長、カリキュラム、学費 など各種情報を調べるのに大変役に立つサイトです。

 

 

応用情報技術者試験の「過去問」や「対策本」は?

(1)アマゾンで購入する

平成29年度【秋期】応用情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)

新品価格
¥1,922から
(2017/7/31 23:03時点)

 

(2)楽天で購入する

楽天で応用情報技術者試験の「過去問」や「対策本」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-IT関連

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.