希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

電気系

電気工事施工管理技士

更新日:

電気工事施工管理技士とは?

電気工事の円滑な実施と工事の質を確保する上で、管理技術の重要性は増大しています。電気工事施工管理技士は、電気工事の施工計画の作成、施工図の作成、工事の工程管理、安全管理、実際の施工、工程管理、電気・電子機器の管理などを行う知識と技術を持つ電機工事の専門家です。

電気工事施工管理技士試験は1級と2級の区分があり、1級は電気工事の施工計画の作成、施工図の作成、工事の工程管理、安全管理など工事を行う上でのすべての工程を管理できる能力を有していることを証明する資格になります。

一般建設業および特定建設業で、電気工事を営む場合の営業所に置かれる管理技術者または主任技術者になることができます。2級は、現場での電気工事で、実際の施工、工程管理、電気・電子機器の管理などを行う知識と技術を有していることを証明する資格になります。 

1級と2級の違いは資格取得後にできる仕事の内容の違いにあります。

  1級電気工事施工管理士 2級電気工事施工管理士
一般建設業の営業所毎に置く専任技術者
現場毎に置く主任技術者
特定建設業の営業所毎に置く専任技術者 ×
監理技術者となる資格 ×

 

電気工事施工管理技士の仕事内容

発電設備や送・配電といった電気工事の施工が、設計図や仕様書に基づいて、計画どおり安全で高品質かつ適正な価格で仕上げられているかを確認します。施工に必要な資材の納入、技能工の調達なども行います。

近年、電気・通信設備は、ビルの高層化や地球環境への意識が高まり、一層の省力・省エネルギー化が求められています。また防犯・防災面の強化や管理の自動化など、これまでに比べ複雑で高度な電気設備が要求されているので、電気設備の施工計画と図面を照らし合わせ、施工現場に足を運び、進捗状況を常に確認していくことが重要です。

電気工事施工管理技士は電気設備工事会社、大手中小の専門工事会社(サブコン)、総合建設会社(ゼネコン)の設備部、不動産管理会社、プラントエンジニアリング会社まで多くの企業に就職の可能性があります。

 

電気工事施工管理技士の資格取得のメリット

1級電気工事施工管理技士の資格を取得するメリット

● 指定建設業に指定された特定建設業7業種(建築・土木・鋼構造物・舗装・管工事・電気工事・造園工事)の営業所の「専任の技術者」および現場に置く「監理技術者」は、原則として“1級施工管理技士”などの国家資格保持者に限られますが、「1級電気工事施工管理技士」は、電気工事における、営業所の「専任の技術者」および現場に置く「監理技術者」として認められます。

● 経営事項審査制度により、資格者1人あたり5点が企業の得点として加えられ、地方公共団体等が発注する公共工事を受注する際の技術力として評価されます。(監理技術者資格者証を保有し、かつ監理技術者講習を受講した場合はさらに1点加点)

 

2級電気工事施工管理技士の資格を取得するメリット

● 一般建設業のうち、「電気工事業」の許可を受ける際に必要な営業所の専任の技術者として認められます。

● 上記業種の建設工事における主任技術者として認められます。

● 経営事項審査制度により、資格者1人あたり2点が企業の得点として加えられ、地方公共団体等が発注する公共工事を受注する際の技術力として評価されます。

 

電気工事施工管理技士の給与(年収)

1級電気工事施工管理技士の平均年収は、400~600万円程度といわれています。勤めている企業、地域、勤続年数、経験などによって給与の差大きく、高額なところでは年収800万円を超える企業もあります。もちろん年収400万円を切るというところもあります。

1級電気工事施工管理技士の資格を取得していることは間違いなく建設業界で有利になりますし、仕事の幅は広がります。転職にも有利に働き、資格を取得することで年収も上がるというのが一般的です。ただし、資格取得後は、責任が重くなり、プレッシャーも大きくなりますが、1級の取得だけで200万円以上の年収増加が見込める場合もあります。   

 

電気工事施工管理技士の将来性

電気工事施工管理技士は、どんな工事をどのくらいの期間で行うかということや、安全に問題がないか、使う材料の品質などもすべて責任を持って決定できるでしょう。ですから、建設現場にはなくてはならない資格です。

資格保有者への企業ニーズは高くなっています。その理由は、電気工事が行われる機会は増えているにもかかわらず、資格保有者の絶対数が少ないためです。また、有資格者が相対的に多い年配層は定年で現場を離れつつあり、慢性的な人手不足に拍車がかかっている状況ともいえます。そのため、年齢が若い有資格者ほど多くの企業で優遇される傾向にあります。 

 

電気工事施工管理技士になるためには?

電気工事施工管理技士になるためには、電気工事施工管理技士試験に合格しなければなりません。   

 

電気工事施工管理技士試験とは?

受験資格
受験資格は一級、二級によって大きく違いがあります。
以下のように区分がありますので確認されてみてください。

大卒者の場合
一級試験・・・実務経験年数 卒業後三年以上(指定学科校卒業)
実務経験年数 卒業後四年六か月以上(指定学科校以外卒業)
       
二級試験・・・実務経験年数 卒業後一年以上(指定学科校卒業)
       実務経験年数 卒業後一年六か月以上(指定学科校以外卒業)

短期大学または五年生高等専門学校の場合
一級試験・・・実務経験年数 卒業後五年以上(指定学科校卒業)
実務経験年数 卒業後七年六か月以上(指定学科校以外卒業)

二級試験・・・実務経験年数 卒業後二年以上(指定学科校卒業)
       実務経験年数 卒業後三年以上(指定学科校以外卒業)

高卒者の場合
一級試験・・・実務経験年数 卒業後十年以上(指定学科校卒業)
実務経験年数 卒業後十一年六か月以上(指定学科校以外卒業)

二級試験・・・実務経験年数 卒業後三年以上(指定学科校卒業)
       実務経験年数 卒業後四年六か月以上(指定学科校以外卒業)

その他の場合
一級試験・・・実務経験年数 卒業後十五年以上
一級試験・・・実務経験年数 卒業後八年以上

受験科目
受験科目は「学科試験」と「実地試験」があります。学科試験は、電気工学等、施工管理法、法規の3科目です。実地試験は施工管理法の記述試験になります。

2級は同日に学科と実地、両方の試験あるのですが、1級の場合は学科に合格しないと実地が受けられません。その代わり、学科に合格して実地に不合格だった場合、1年に限って学科試験が免除されます。

 

電気工事施工管理技術検定の試験内容
試験区分 試験科目
学科試験 電気工学等
施工管理法
法規
実地試験 施工管理法

試験日

試験区分 試験日
2級 学科試験 例年11月中旬頃
実地試験
1級 学科試験 例年6月中旬頃
実地試験 例年10月中旬頃

 

電気工事施工管理技士試験の合格率は?

電気工事施工管理技士試験の合格率は、国家試験としては高いですが、決して易しい試験ではありません。また、受験チャンスも1年に1回ですので、一回で合格するには、しっかりとした対策が必要です。

区分 20年度(%) 21年度(%) 22年度(%) 23年度(%) 24年度(%) 25年度(%) 26年度(%) 27年度(%)
1級 学科 44.3 28.7 38.4 42.5 45.9 45.8 35.6 45.1
実地 61.6 73.1 66.3 64.6 62.6 58.4 63.1 63.4
2級 学科 62.1 59.2 63.7 55.1 60.4 67.1 54.4 55.2
実地 47.0 49.1 45.0 47.9 41.6 44.9 39.0 40.4

 

電気工事施工管理技士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

1級電気工事施工管理技士試験の合格に必要な勉強時間は?

初学者で1級電気工事施工管理技士試験の合格に必要な勉強時間は、300~500時間程度と言われています。(すでに2級電気工事施工管理技士を取得した方はもっと少ない時間で合格できる可能性があります。)300~500時間学習するには、平日2時間、休日6~8時間で(月間100時間)3~5ヶ月前後は必要になります。

2級電気工事施工管理技士試験の合格に必要な勉強時間は?

2級電気工事施工管理技士試験の合格に必要な勉強時間は、200時間程度と言われています。もちろん学生時代の学習や社会経験により必要とする時間は異なります。200時間学習するには、平日2時間、休日6~8時間で(月間100時間)2ヶ月前後は必要になります。

 

電気工事施工管理技士試験は独学で合格することは可能?

電気工事施工管理技士試験を受験する多くの方は、仕事と学習の両立をしなければなりません。これは大変厳しい環境です。休日にまとめて学習しようと考えると必ず失敗します。日々の積み重ねが重要になります。通勤時間を復習に充てるとか、昼休みに少しずつ学習するなどスキマ時間を効率よく使えるかが合格へのポイントになります。

初学者にとっては、電気工事施工管理技士試験の学習は理解が難しい場合があります。解説の意味がわからなかったり、解答できるまでにかなりの時間がかかる場合あります。通信講座など「電気工事施工管理技士試験」のプロのカリキュラムを利用したほうが、効率よく効果的に学習できますので、結果的に合格率は飛躍的に向上します。

どんな試験にも言えることですが、試験に合格することがゴールではありません。資格をしっかりと活用して職場で継続して正しく運用していくことがゴールになります。そのために合格さえすれば良いのではなく、しっかりと学習した内容を理解することが重要になります。そのような意味でも通信講座などを利用し、しっかりと学習することが必要と言えます。

 

電気工事施工管理技士試験に一発合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

JTEX

1級電気工事施工管理技士試験

1級電気工事施工管理技士の資格は難関資格です。そのため、幅広い範囲を効率よく攻略しなければなりません。独学では絶対に合格できない!というわけではありませんが、独学では効率が悪く、勉強が続かない危険性もあります。
 
本講座は、価格、合格率、受講内容等、おすすめできる点が多く存在している講座です。本講座で、「1級電気工事施工管理技士」合格を目指してみてください!

学費:31,320円 

JTEXの「1級電気工事施工管理技士」受験講座

JTEX

2級電気工事施工管理技士試験

2級電気工事施工管理技士の資格試験は、決して簡単なものではありません。なぜなら、学科と実地の2つの試験があるからです。学科の学習とともに、実地の対策も行わなければならないので、非常に効率性が求められます。
 
よって、本講座では、学科・実地の両方に対応できるようなテキスト4冊をご用意しております。テキストを4冊にすることにより、解説を詳しく載せ、誰でも理解することができる作りになっています。

学費:27,000円 

JTEXの「2級電気工事施工管理技士」受験講座

スタディサプリ

スタディサプリでは、「電気工事施工管理技士試験」合格を目指す学校を80校前後紹介しています。

 

 

電気工事施工管理技士試験の過去問は?

(1)アマゾンで購入する

 

最速合格!2級電気工事施工管理技士試験学科50回テスト (国家・資格シリーズ)

新品価格
¥1,836から
(2017/7/17 23:18時点)

(2)楽天で購入する

楽天で「電気工事施工管理技士試験の過去問」を購入する!  

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-電気系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.