希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

公務員・教育系

通関士

更新日:

通関士とは?

外国貿易に伴う諸手続きを行う、通関と関税のプロフェッショナルです。通関士は「貿易を支える仕事」です。

 

通関士の仕事内容

最も通関士のニーズが高い業種は流通業です。輸出・輸入とは要は物流のこと。物流に直接に関わる業種といえば、やはり海上輸送系や航空会社系の流通会社なのです。流通業以外ではメーカーや貿易会社など。たとえば機械系のメーカー等では、製品の部品を自社で直接海外から仕入れるために、社内に通関部署を設置している会社もたくさんあります。

また貿易会社などは、輸入品などの税率を契約の前に把握しておき、利益を予め予測するなどの動きをします。国際間のビジネスを行う企業にとって、通関士の存在は欠かせないのです。

私達が生活の中で利用している海外から輸入された様々な物(食料・衣服etc)はすべて「通関士」によって税関の輸入許可を受け国内に入ってきているのです。通関士として「通関業者」や「海運・航空・倉庫・物流」といった企業で業務を行うだけでなく、「商社」「メーカー」において海外との取引を行う際の知識など、通関士の知識は様々な場面で活かすことができます。

通関業者
通関業者は、例えば輸入の場合、輸入を行う企業などからの依頼により、税関に輸入申告→検査→関税を正しく計算して支払→輸入という一連の業務を行っています。多くの通関業者は税関のある港や空港の近くに事務所を設置してスムーズに貿易が行われるよう日々業務を行っています。

海運・航空・倉庫・物流関連企業
海運・航空・倉庫・物流関連企業 本文 海外から日本へ商品(貨物)を輸入する際、海運会社の船舶や航空会社の飛行機を利用して運ばれます。そして、通関(税関を通す)手続が終了した商品は、一時的に倉庫業者の倉庫で保管され、物流企業のトラックを利用し輸入元に届きます。これらの企業においては通関業務を行っていることが多いため、通関士が活躍しています。

商社・メーカー
商社では海外から多くの商品を輸出入しています。例えば食品を輸入する場合、手続には様々な法令が関係し手続に時間を要します。メーカーでは、自社製品の製造のために原材料を輸入したり、海外の自社工場で部品を生産し輸入する企業も多くあります。これらにおいて輸出入手続をスムーズかつ効率的に行うために通関士の知識は大いに役立ちます。

 

出典元:http://www.foresight.jp/tsukanshi/success/01/

 

通関士の1日

9:00 : 出社

9:15 : 申告書を作成・審査・申告

10:15 : 線引き作業

11:50 : 昼休み

12:40 : 緊急連絡

13:40 : 現場到着~開被検査

16:00 : 輸出許可の確認依頼

16:15 : 輸出許可の確認~帰社

16:35 : 書類の作成

17:30 : 帰社

 

通関士の給与(年収)

年齢 平均年収 平均月額給与 ボーナス
20~24歳 307.2万円 19.2万円 76.8万円
25~29歳 382.7万円 23.9万円 95.7万円
30~34歳 420.4万円 26.3万円 105.1万円
35~39歳 479.7万円 30.0万円 119.9万円
40~44歳 539.0万円 33.7万円 134.8万円
45~49歳 603.7万円 37.7万円 150.9万円
50~54歳 646.8万円 40.4万円 161.7万円
55~59歳 641.4万円 40.1万円 160.4万円
60~65歳 436.6万円 27.3万円 109.1万円

出典元:平均年収.jp

 

通関士の将来性

貿易立国である日本において、貿易関係で唯一の国家資格である通関士の資格は、通関業者はもとより貿易に携わる会社においても有用な資格です。
取引のグローバル化は今後発展することこそあれ衰えることは考えられません。

 

(1)通関業者

通関業者は国際輸送業務を兼ねている場合が多く、通関業務に従事することはもちろんですが、通関・国際輸送の営業部門などでの勤務も考えられます。また海外に支店がある場合も多く、海外駐在員の可能性もあります。
2009年からは、郵便で運ばれる貨物に関しても、一部輸出入申告が必要になりました。それに伴い郵便事業株式会社が通関業に進出しましたので、一つ職種が広がったと言えます。

(2)通関業者以外

通関士の知識があれば、通関業者以外の場所でも活躍できます。

(2-1)商社

海外取引を行う商社であれば、輸出入に関する規制、制度などの知識は不可欠なものになります。

(2-2)百貨店

海外での買い付けなどには、輸入に関する複雑な知識が必要となります。また、買付けのためには原価計算が不可欠です。輸入の場合には関税がかかりますので、この関税の計算ができなければなりません。また、輸入に関する制度、規制などの知識も必要です。

(2-3)メーカー

メーカーは日々、製品を輸出したり、原材料や部品である外国産品の輸入を繰り返しています。輸出・輸入を行うと、必ず通関業務が発生します。大きなメーカーは自社で通関部門を持っている場合があります。

(2-4)独立

ブランド品などの個人輸入が盛んに行われる昨今ですが、さらに進んでインターネット販売など貿易関係の会社を立ち上げることも可能です。通関士試験で培った輸出入の貿易知識が役立ちます。

 

通関士になるためには?

通関士になるには、まず最初に、毎年10月に実施される通関士の国家試験に、合格しなければなりません。これには例外はなく、たとえ通関業者で長年働いている人でも、必ず通関士試験に合格する必要があります。ただし、通関業務や税関に係る業務に就いていた期間が5年、あるいは、15年以上ある場合は、試験科目の一部免除の制度を利用することができます。

通関士は、国家資格です。受験資格はとくにありませんが、試験内容は、貿易についての法律全般や通関手続きの実務など、多彩な専門知識を必要とするものですから、事前に通関業者に就職し、通関業務についての経験を積みながら受験対策をするのが一般的です。合格後、勤務先の通関業者が税関長に届け出をして確認を受けると、通関士として働くことができます。

 

通関士試験とは?

通関士の試験は社会人の方だけでなく、学生、主婦などの他、外国人の方でも受験できます。

通関士試験の受験者の男女の割合は、男性2:女性1です。今後ますます女性の受験生が増加していくと予測されています。

女性が通関士に興味をもつようになったことには、いくつかの理由が考えられます。

  • (1)女子大生が就職の武器にするために受験する
  • (2)貿易実務の経験者がさらに知識を増すために受験する

通関士は専門性の高い職業ですので、経験者は、出産・育児などで一旦社会を離れても職場への復帰が容易です。生涯役立つスキルとして、多くの女性が通関士の仕事を注目しています。

受験者数は毎年8,000~9,000人前後。科目ごとに合格基準(例年満点の60%以上)を設けた絶対評価であることが大きな特徴です。難易度により合格率は上下しますが、基本を押さえれば初学者の方でも十分合格が可能です。

願書配布 7月上旬
願書受付 7月下旬~8月上旬までの2週間
試験日程 例年10月第1週の日曜日
(1)通関業法 9:30~10:20(50分)
(2)関税法等 11:00~12:40(100分)
(3)通関実務 13:50~15:30(100分)
合格発表 11月下旬~12月上旬
受験会場 札幌・新潟・東京・仙台・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡・熊本・那覇
試験科目 出題形式及び配点
択一式 選択式 計算式
(1)通関業法 10点(10問) 35点(10問) なし
(2)関税法等 15点(15問) 45点(15問)
(3)通関実務 5点(5問) 申告書20点(2問)
10点(5問) 10点(5問)

 

通関士試験の合格率は?

通関士試験の合格率は、概ね10%前後で推移しており、国家試験の中でも合格率の低い試験です。ただし合格基準は、3科目それぞれで60%以上正解になっていますので、しっかりと試験対策すれば、合格できる試験になっています。

平成17年(第39回)

13,268人

9,953人

75.0%

2,466人

24.8%

平成18年(第40回)

13,141人

10,357人

78.8%

725人

7.0%

平成19年(第41回)

13,727人

10,695人

77.9%

820人

7.7%

平成20年(第42回)

13,267人

10,390人

78.3%

1,847人

17.8%

平成21年(第43回)

13,159人

10,367人

78.8%

807人

7.8%

平成22年(第44回)

12,087人

9,490人

78.5%

929人

9.8%

平成23年(第45回)

11,760人

9,131人

77.6%

901人

9.9%

平成24年(第46回)

11,544人

8,972人

77.7%

769人

8.6%

平成25年(第47回)

11,340人

8,734人

77.0%

1,021人

11.7%

平成26年(第48回)

10,138人

7,692人

75.9%

1,013人

13.2%

 

通関士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「まったくの初学者が合格するのに必要な学習時間」は、300~500時間と言われています。1日2時間、土日に5時間程度の学習時間(月間約80時間程度)を確保できたとして、およそ6ヵ月程度は準備期間として必要になります。    

 

通関士試験は独学で合格することは可能?

試験は各科目・項目の60%の得点が取れれば合格できる試験です。すべてマークシート式試験なので、文章添削などを受ける必要性もありません。出題範囲は「通関業法関係」「関税法等」「通関書類の作成」の3つです。専門的な知識が問われる試験ですが、出題範囲と難易度を考えると独学での合格も可能です。

ただし、社会人で学習時間を確保できない方や初学者で絶対に1回で合格したい方は、専門学校や通信講座を利用したほうが「効率的」「効果的」になります。学費も5万円~15万円程度ですので、今後のキャリアを考えれば「安い投資」となるはずです。

 

通関士試験に一発合格するためにおすすめの「専門学校や教材」ランキング!

学校名(教材名) 詳細

第1位

フォーサイト

フォーサイトの通関士テキストは、受講生の声を積極的に取り入れています。
より「スピーディーに」「正確に」「本質を捉えて」勉強を進めていただけるように、図や表やグラフを、効果的に挿入しています。受講生からも「分かりやすさが違う!」「勉強の進度が早まった!」など好評です。

学費:49,800円 

フォーサイト合格者の「体験記」を確認する!

第2位

LEC

LEC通関士通信講座

LECの講座は「ムリなく、ムダなく一発合格!」通関士試験に出るポイントや、出題傾向を分析し作成したテキストと、プロの講師があなたを合格へ導きます。

知識獲得講座で基本を把握し、問題演習で実力を定着させ、模試で全国レベルの実力判定が出来ます。通関実務を強化する講座・法改正・試験直前対策についても十分に行うことができます。

学費:146,000円 (コースによって異なります。)

通関士

 第3位

ユーキャン

生涯学習のユーキャン

1.教材、添削、サポートなど、全て揃って大満足!
2. 初心者でも分かりやすいテキスト!
3. 疑問があってもスッキリ解消! 充実のサポート
4. 6ヵ月で無理なく合格力が身につくカリキュラム!

学費:59,000円 

ユーキャンの通関士講座

 第4位

クレアール

通関士試験では、インプットした知識を数多くの問題を解いていくことによって、実戦力を養成していくことが必要です。この講座では、「関税法」「関税定率法他」「通関実務」それぞれの科目について、徹底的な過去問分析から生まれたオリジナル予想問題を解いていく演習形式をとっていきますので、実戦に強い確かな解答力を身に付けることができます。

学費:69,000円 (コースによって異なります。)

クレアール合格者の「体験記」を確認する!

 

通関士試験の過去問は?

(1)アマゾンで購入する

通関士 過去問スピードマスター 2017年度

新品価格
¥3,240から
(2017/6/3 18:16時点)

 

(2)楽天で購入する

楽天で「通関士試験の過去問」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-公務員・教育系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.