希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

旅行・レジャー

旅行業務取扱管理者

更新日:

旅行業務取扱管理者とは?

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で働く人が目指す人気の国家資格です。国内・外の旅行に関するさまざまな業務全般を総合的に取り扱う旅行業の専門家です。旅行業務取扱管理者は、国内・海外旅行の両方を取り扱う「総合旅行業務取扱管理者」と、国内のみの「国内旅行業務取扱管理者」の2種類があります。

旅行会社の営業所には、1名(従業員10名以上の場合は2名)以上の旅行業務取扱管理者を配置することが法律で定められており、旅行業界への就・転職はもちろん、キャリアアップにも大いに役立ちます。

資格には、国内旅行のみを取り扱える国内旅行業務取扱管理者と、海外旅行も取り扱える総合旅行業務取扱管理者の2種類があり、どちらも受験資格が無いため、初めてでも受験しやすい狙い目の国家資格だと言われています。

 

旅行業務取扱管理者の仕事内容

旅行業務取扱管理者の仕事内容は以下のようなものがあります。
  1. 旅行に関する計画の作成
  2. 旅行業務の取扱い料金の掲示
  3. 旅行業約款の掲示及び備置き
  4. 取引条件の説明
  5. 契約書面の交付
  6. 企画旅行の広告
  7. 運送等サービスの確実な提供等企画旅行の円滑な実施
  8. 旅行に関する苦情の処理
  9. 契約締結の年月日、契約の相手方その他の契約の内容に係る重要な事項についての明確な記録又は関係書類の保管
  10. その他、取引の公正、旅行の安全及び旅行者の利便を確保するため必要な事項として観光庁長官が定める事項
具体的には、以下のような業務を行います。

(1)お客様に旅行の申込み内容を説明し、契約を交わす旅行プランの作成を管理・監督する
(2)旅行に関する広告が適切かどうか管理する
(3)旅行者から苦情が出た場合に、適切に対応する
(4)企画旅行実施に際し、宿や乗り物の予約・手配などを管理・監督する
(5)営業所内で料金表などの掲示をチェックする・重要書類を保管する

 

旅行業務取扱管理者の給与(年収)

高卒社員の初任給は約15万円前後。また大卒社員の初任給は18万円~22万円強といったところです。これは基本給に合わせて、職能給・住宅手当・食事手当・家族手当といったさまざまな手当を全て合算した金額になります。
 
年齢別に年収を見ていくと、男子の平均年収は20代前半で300万代前半、20代前半で約350万前後、30歳~40歳ぐらいだと360万円~500万円と会社によって段々と格差が広がっていきます。
さらに40代では、400万~700万円と企業の規模によって賃金面にも大きな差が出てきます。

 

旅行業務取扱管理者の将来性

「旅行業務取扱管理者資格」は国家資格のため、全国どこでもで通用しますし、一度この資格を取得さえしてしまえば、生涯有効になります。また、旅行会社の営業所には、必ず一定数以上の有資格者を配置しなければならないと法律で定められています。

有資格者には、手当が付く会社がたくさんありますし、就職・転職時にもアピール材料になります。資格を取得すれば有利な事は間違いありません。そのような意味で将来性のある資格と言えます。

 

旅行業務取扱管理者になるためには?

旅行業務取扱管理者になるためには、国家試験である「旅行業務取扱管理者試験」に合格しなければなりません。

 

旅行業務取扱管理者試験とは?

 

受験資格 制限なし(どなたでも受験できます)
願書配布・受付

総合旅行業務取扱管理者・・・・7月上旬~8月上旬頃まで
 
国内旅行業務取扱管理者・・・・6月中旬~7月中旬頃まで
 

受験地
総合旅行業務取扱管理者

   北海道、宮城、東京、愛知、兵庫、広島、福岡、沖縄

 

国内旅行業務取扱管理者

   北海道、宮城、埼玉、東京、愛知、大阪、岡山、福岡、沖縄 

 

受験料

総合旅行業務取扱管理者・・・・6,500円

 

国内旅行業務取扱管理者・・・・5,800円

 

 

試験日

総合旅行業務取扱管理者・・・・10月上旬頃
 

国内旅行業務取扱管理者・・・・9月中旬頃
 

例年試験時間 13:30~15:30
 

試験内容
総合旅行業務取扱管理者

1.旅行業法及び、これに基づく命令
2.旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
3.国内旅行実務
4.海外旅行実務

 

国内旅行業務取扱管理者

1.旅行業法及び、これに基づく命令
2.旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
3.国内旅行実務

合格発表

総合旅行業務取扱管理者・・・・11月中旬頃

 

国内旅行業務取扱管理者・・・・10月下旬頃

 

旅行業務取扱管理者試験の合格率は?

国内旅行業務取扱管理者試験、総合旅行業務取扱管理者試験の合格率はおよそ30%前後の比較的合格率の高い国家試験です。しかも、この試験に合格すると魅力的な安定した仕事を行う事ができますので、挑戦する価値の高い資格と言えるでしょう。

 

国内旅行業務取扱管理者試験の難易度(合格率)の遷移
年度 受験者の人数 合格者の人数 合格率
平成22(2010)年度 14,820人 4,443人 30.0%
平成23(2011)年度 14,259人 4,995人 35.0%
平成24(2012)年度 13,808人 4,916人 35.6%
平成25(2013)年度 15,241人 4,702人 30.9%
平成26(2014)年度 14,498人 4,249人 29.3%
平成27(2015)年度 15,033人 4,408人 29.3%
平成28(2016)年度 15,352人 5,081人 33.1%

 

総合旅行業務取扱管理者試験の難易度(合格率)の遷移
年度 受験者の人数 合格者の人数 合格率
平成22(2010)年度 13,351人 4,956人 37.1%
平成23(2011)年度 11,833人 2,956人 25.0%
平成24(2012)年度 11,534人 3,517人 30.5%
平成25(2013)年度 10,680人 2,758人 25.8%
平成26(2014)年度 10,521人 3,004人 28.6%
平成27(2015)年度 10,063人 2,296人 22.8%
平成28(2016)年度 10,517人 2,750人 26.1%

 

旅行業務取扱管理者試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

旅行業務取扱管理試験の勉強期間は、一般的に3~6カ月と言われています。専門学校のカリキュラムでも「3~6ヶ月」が多いです。また、勉強時間の総合計の目安は150時間から300時間程度といわれていますので、しっかりと学習すれば、合格できる試験と言えるでしょう。

総合管理者試験(全科目受験)… 約200時間~300時間
国内管理者試験(全科目受験)… 約150時間~200時間

 

旅行業務取扱管理者試験は独学で合格することは可能?

出題範囲が広い旅行業務取扱管理試験を市販の本だけで勉強するのには無理があります。旅行業務取扱管理試験は、「旅行業法」、「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」などの専門知識が必要です。今後仕事として使う資格と考えれば、旅行業務取扱管理試験の専門家(専門学校や通信講座)の力を利用するべきです。

 

旅行業務取扱管理試験の効率的な勉強法

はじめて旅行業務取扱管理試験を受験する方は、合格実績の高い専門学校や講座を利用して、それをペースメーカーにして自習した方が絶対に効率的かつ効果的です。プロの講師たちが作ったカリキュラムや教材に従った方が確実に合格率が高まります。

 

旅行業務取扱管理試験に1回で合格する為の学習方法のまとめ

旅行業務取扱管理試験に1回で合格する為には、しっかりと基礎を学び過去問重視の学習が必要になります。

合格率を高めるためには、(1)専門学校に通う(2)通信講座で学習する(3)基礎学習は市販書で行い、試験対策として専門学校や通信講座の専門テキストでポイントを学習し、過去問や模擬試験をひたすら解きまくる のいずれかを行う必要があります。

 

旅行業務取扱管理者試験に一発合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

フォーサイト

 

合格の秘訣は、テキストにあります。長年積み重ねた合格ノウハウを、余すことなく詰め込んだテキストは、フォーサイト自慢の一品です。

 

総合コース 37,900円

国内コース 20,500円 

フォーサイトの「旅行業務取扱管理者通信講座」

クレアール

 

クレアールの教材は充実のスペック。初心者でもわかりやすいテキストに加え、インプットをサポートする白地図、アウトプットをサポートする添削問題、演習問題、過去問題、模擬試験がつきます。

使用テキストは、長年にわたり受験指導に当たってきた講師陣が執筆・編集したテキストです。満点は目指さず、合理的に無理なく合格圏に達する力を付けるため、必要十分な知識を分かりやすくまとめています。
 
過去問題1問1問を分析して出題傾向と重要ポイントを絞り、豊富な例題によって確実な理解を図っていきます。

総合コース 60,000円 

国内コース 42,000円 

クレアールの「旅行業務取扱管理者」講座

 ユーキャン

生涯学習のユーキャン

 

 

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の受講生は、80%以上が初学者です。旅行業界の予備知識がゼロの方でも、ムリなく安心して学習に取り組んでいただけるように、テキストには様々な工夫を施してあります。

総合コース 59,000円
 
国内コース 51,000円 

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座

ヒューマン

 

満点は目指さず、合理的に無理なく合格圏に達する力を付けるため、必要十分な知識を分かりやすくまとめています。過去問題の一問一答を分析して出題傾向と重要ポイントを絞り、豊富な例題によって確実な理解を図っていきます。

各章ごとに「学習のテーマ」を明示。また、法律や運賃計算など、文章による解説だけで分かりにくいものは図や表を取り入れて視覚的にも理解しやすくなっています。

総合コースのみ 48,000円

ヒューマンの「総合旅行業務取扱管理者」講座

 スタディアプリ進路

スタディサプリでは、「旅行業務取扱管理者試験」合格を目指す学校を約「660校」紹介しています。お近くの学校検索や各学科の特長、カリキュラム、学費 など各種情報を調べるのに大変役に立つサイトです。

 

旅行業務取扱管理者試験の過去問は?

(1)アマゾンで購入する

2017年版 U-CANの国内旅行業務取扱管理者 過去問題集【国内航空運賃の変更等を反映! 】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

新品価格
¥2,376から
(2017/7/24 22:23時点)

 

(2)楽天で購入する

楽天で「旅行業務取扱管理者試験の過去問」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-旅行・レジャー

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.