希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

工業・安全・危険物 環境(施設)系

衛生管理者

更新日:

衛生管理者とは?

衛生管理者の「衛生」は、労働環境の衛生を指しています。衛生管理者は、工場や倉庫、オフィスなどの労働環境において「換気は正しく行われているか」、「暑かったり寒かったりしていないか」、「危険な場所がないか」、「現場の安全対策や健康管理はしっかりと行われているか」など「様々な労働環境」をチェックします。

現状をしっかりと把握した後に、必要に応じて改善を行い、労働者の病気や事故を未然に防ぐのが「衛生管理者」の大切な役割です。

日本では、「労働安全衛生法」によって、労働者の環境が守られています。この法律では、常時50人以上の人が働く事業所には、従業員数に応じて適切な人数の「衛生管理者」を選任するように義務付けられています。

事業場の常時使用労働者数 衛生管理者数
50人以上 1人以上
201人以上 2人以上
501人以上 3人以上
1,001人以上 4人以上
2,001人以上 5人以上
3,001人以上 6人以上

 

衛生管理者の仕事内容

(1)従業員の健康管理

従業員の健康管理は衛生管理者の大切な業務のひとつです。かつては従業員の健康を損ねるものは、「有害物質」や「化学物質」など外部要因が原因のものがほとんどでした。しかし今は、パソコンの長時間使用による体の疲労や、職場の人間関係が原因の「精神的な不調」が増えています。

(2)職場の安全管理

職場の安全管理というと、仕事道具の管理などをイメージする方も多いでしょう。また、「工場などならともかく、オフィスなら安全管理は必要ないのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、オフィスでも安全管理は大切です。

特に、火災が起きた際の避難経路である非常口や非常階段をすぐに使えるように点検をしておくことも、大切な任務なのです。また、複数のテナントがひとつのビルに入っている場合は、統括安全衛生管理者の下で、ビル全体の安全管理を分担するケースがあります。

※衛生管理者は少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければなりません。

 

衛生管理者の給与(年収)

衛生管理者として、独立して起業するケースはほとんどありません。50名人以上が働く事業所では「衛生管理者」を配置する義務がある為に、係長や課長以上のポジションの者が半強制的に取得しているのが実情です。

会社によっては、資格手当が付く場合もありますし、課長などの管理職になるための条件としている会社もあります。どちらかと言えば、「管理職になるために取得する資格」と言えます。

 

衛生管理者の将来性

この資格自体には需要はあります。なぜなら、従業員50名以上の職場では必ず1名以上は必要になる資格だからです。しかし、必要だからと言って衛生管理者有資格者を対象とした求人はほとんど(というか全く)ありません。

理由としては、端的言うと簡単に取得できる資格だからです。試験の合格率が50~60%程度ありますし、安全衛生技術試験協会で月1~3回程度は試験をやってます。ですから、年に何度も受験できる資格なのです。つまり会社側としても、今いる従業員に取得させれば良い考えるのです。

また、「労働衛生」って言う仕事は、総務・人事の仕事のごく一部分で、専任で人を雇うほど仕事がある訳ではありません。やる仕事は健康診断、(安全)衛生委員会、職場巡視、衛生教育なので、毎日あるような内容ではないです。よって、多額の人件費を使って、わざわざ「衛生管理者」を専任にするような会社はほとんどありません。

ただし、課長などの管理職になるための条件としている会社が大半なので、この試験に合格すると「ポジションアップや給与アップ」になるケースが多いので、そのような会社に勤務されている方にとっては、取得する価値の高い資格と言えるでしょう。

 

衛生管理者になるためには?

衛生管理者になるためには、衛生管理者の資格試験を受けて合格する必要があります。衛生管理者には1種と2種があり、1種はすべての職場の衛生管理をおこなうことができます。2種は有害業務と関連のうすい情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業等の職場で衛生管理を行うことができます。

どちらの種も試験を受けるためには、1年以上の実務経験が必要です。全くの未経験から資格を取りたいという場合は、まずは職場に相談して衛生管理の実務につかせてもらいましょう。

 

衛生管理者試験とは?

国家試験は、年に1回~2回というものが多いですが、衛生管理者は毎月2~3回試験が行われます。他の試験と比較して受験チャンスの多い(多すぎる)試験です。第一種衛生管理者も第二種衛生管理者も試験日は同じです。ですから、第一種と第二種を同日に受験することはできません。試験は全国にある安全技術センターで行われます。

 

試験会場

全国に7箇所ある安全衛生技術センターで開催されます。

 

  (1)北海道安全衛生技術センター
   〒061-1407 北海道恵庭市黄金北3-13
   TEL 0123-34-1171                    

  (2)東北安全衛生技術センター
   〒989-2427 宮城県岩沼市里の杜1-1-15
   TEL 0223-23-3181                    

  (3)関東安全衛生技術センター
   〒290-0011 千葉県市原市能満2089
   TEL 0436-75-1141                    

  (4)中部安全衛生技術センター
   〒477-0032 愛知県東海市加木屋町丑寅海戸51-5
   TEL 0562-33-1161                    

  (5)近畿安全衛生技術センター
   〒675-0007 兵庫県加古川市神野町西之山字迎野
   TEL 079-438-8481                    

  (6)中国四国安全衛生技術センター
   〒721-0955 広島県福山市新涯町2-29-36
   TEL 084-954-4661                    

  (7)九州安全衛生技術センター
   〒839-0809 福岡県久留米市東合川5-9-3
   TEL 0942-43-3381                    

 

 

受験科目

第一種衛生管理者、第二種衛生管理者ともに、受験科目は「関係法令」「労働衛生」「労働生理」の3科目です。

 

※受験科目についての詳細

受験科目 内容
関係法令 労働基準法、労働安全衛生法、作業環境測定法およびじん肺法ならびにこれらに基づく命令中の関係条項に関する知識
労働衛生 衛生管理体制、作業環境要素、職業性疾病、作業環境管理、作業管理、健康管理、健康の保持増進対策、労働衛生教育、労働衛生管理統計、救急処置などに関する知識
労働生理 人体組織および機能、環境条件による人体の機能の変化、労働による人体の機能の変化、疲労およびその予防、職業適性などに関する知識

 

※科目ごとの出題数についての詳細

受験科目 第一種衛生管理者(全44問) 第二種衛生管理者(全30問)
関係法令 有害業務に関わるもの 10問
有害業務に関わるもの以外のもの 7問 10問
労働衛生 有害業務に関わるもの 10問
有害業務に関わるもの以外のもの 7問 10問
労働生理 10問 10問

 

第一種衛生管理者と第二種衛生管理者はまったく同じ試験問題を使用します。その試験問題には全44問あり、第一種衛生管理者を受験する人は全44問に回答する必要があります。第二種衛生管理者を受験する人は全44問中の30問のみ回答をします。第二種衛生管理者は有害業務以外を管理する資格なので、有害業務に関わる問題を回答する必要はありません。

 

試験の出題形式

第一種衛生管理者、第二種衛生管理者ともに全問五者択一のマークシート方式で試験が実施されます。文章を書いて回答をする問題などは一切ありません。

 

試験開始時刻と終了時刻

試験日の午後13時30分~16時30分の3時間で行われます。この試験時間は第一種衛生管理者、第二種衛生管理者ともに共通です。

 

衛生管理者試験の合格率は?

第一種

実施時期 受験者数 合格率
2015年 55,129人 55.5%
2014年 53,111人 56.3%
2013年 54,499人 54.7%
2012年 55,080人 53.9%
2011年 54,169人 50.2%
2010年 53,714人 51.7%
2009年 54,140人 57.8%
2008年 58,362人 57.3%

第二種

実施時期 受験者数 合格率
2015年 25,716人 66.0%
2014年 25,069人 69.3%
2013年 26,555人 67.3%
2012年 26,960人 66.2%
2011年 25,950人 62.2%
2010年 25,403人 65.7%
2009年 26,821人 67.6%
2008年 27,966人 68.5%

 

衛生管理者試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「まったくの初学者が衛生管理者試験に合格するのに必要な学習時間」は、100~200時間と言われています。1日2時間、土日に5時間程度の学習時間(月間約80時間程度)を確保できたとして、およそ1~3ヵ月程度は準備期間として必要になります。    

 

衛生管理者試験は独学で合格することは可能?

初学者にとっては、労働衛生・関係法令・労働生理などの学習は理解が難しい場合があります。一発で合格するためには、なるべく通信講座など「衛生管理者試験のプロ」が作成したカリキュラムや教材を利用したほうが、合格率は飛躍的に向上します。

学生を卒業して試験を受けるのが久しぶりの方は、どこから学習したら良いのか?試験対策にどのくらいの期間が必要なのか?など不慣れな点が多いですので、通信講座等を利用するとスムーズに学習できます!

 

衛生管理者試験に一発合格を目指す「おすすめの学校や教材」とは?

学校名(教材名) 詳細

ユーキャン

生涯学習のユーキャン

 

ユーキャンの講座は過去5年以上の試験問題を分析し、試験によく出る分野を重点的に学習するので効率よく学習できます。
 通勤中などちょっとした時間などに使える「重要ポイント総まとめ」など、忙しい方のための教材も充実しています!
 
添削指導では、講師や指導スタッフからの的確なアドバイスで弱点を無理なく克服! 事前に公表される候補問題対策も追補でしっかりフォローします。
 また、途中でわからないことがあっても、メール、郵便で気軽に質問できます。教育訓練給付制度を利用すれば学費の20%(7,800円)が支給されます!

 

学費:39,000円 

ユーキャンの衛生管理者講座

 

LEC

 

合計36時間の合格カリキュラム(インプット・復讐・アウトプット・試験対策)で衛生管理者試験の一発合格を目指します。

 

学費:15,800円 から

LECオンラインショップ(E学習センター)はこちら

 スタディサプリ(リクナビ)

スタディサプリでは、「衛生管理者」合格を目指す学校を約「530校」紹介しています。お近くの学校検索や各学科の特長、カリキュラム、学費 など各種情報を調べるのに大変役に立つサイトです。

 

衛生管理者試験の過去問は?

(1)アマゾンで購入する

詳解第1種衛生管理者過去6回問題集〈’17年版〉

新品価格
¥1,404から
(2017/7/29 13:20時点)

 

(2)楽天で購入する

楽天で「衛生管理者試験の過去問」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-工業・安全・危険物, 環境(施設)系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.