希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

車両・船舶・航空機関連

中古自動車査定士

更新日:

中古自動車査定士とは?

中古自動車査定士は、中古自動車査定制度において、中古車売買に関わる「一般消費者の保護」と「流通秩序の維持」を目的とするために専門知識を持ったプロフェッショナルです。

 

中古自動車査定士の仕事内容

中古車を選ぶ際に、購入者が特に重要視するのが、性能に関する「信頼性」と「安全性」です。仮にこれらが販売者によって基準が異なった場合に消費者は何を信用してよいのかわからなくなってしまいます。

そこで、全国統一で中古車の品質を管理するため制定されたのが、中古自動車査定士の制度(資格)です。中古自動車査定制度に基づき中古車の診断・査定を行う事により、一定の基準が明確になり、消費者に安心感を与えることができるようになります。

中古自動車査定士は、乗用車、商用車、及び、最大積載量4トン未満の貨物車の査定を行うことのできる小型車査定士と、それ以外の大型貨物車、バスなどの査定を併せて行うことのできる大型車査定士とに分かれており、それぞれの車種について査定を行います。

いずれにしても中古車の査定業務とは、消費者から中古車を下取り、または買い取りをする際に、定められた標準の車両の状態と比較して、適正な判定・評価を行うことを指します。現在、このような査定制度にのっとって査定をする査定業務実施店は、全国で約9,000社あると言われています。

中古自動車査定士の資格を取得すれば、これらの店舗で査定業務を行うことになります。具体的には、ディーラー、中古自動車販売業者、リース会社、レンタカー会社などが主な職場となります。

 

中古自動車査定士の1日

9:30 : 出社〜店舗清掃

10:00 : 朝礼

10:30 : メール対応・接客・査定作業

13:00 : 接客〜ご納車〜段取りなど

15:00 : 仕上げ〜納車準備〜配車

18:00 : 1日のまとめ

20:00 : 退出

 

中古自動車査定士の給与(年収)

中古自動車販売業者、リース会社、レンタカー会社など勤務先により給与は異なります。入社5年から10年で店長クラスになった場合に、500万円程度が相場といわれています。

 

中古自動車査定士の将来性

中古車業界の過去の推移を見ますと、平成19年までは増加傾向にありましたが、平成19年以降は減少、横ばいに。平成25年には増加に転じ、平成27年も堅調な推移を見せています。平成24年に入り、エコカー補助金の影響もあり新車販売が好調です。

こうした影響により、下取り、買取りなどオークション市場が活況となりました。平成25年には、日本経済の景況感の回復、消費増税前の駆け込み需要などが追い風となり、プラスに転じています。

ただし、日本の人口減少や若者の自動車離れが進んでいますので、10年後・20年後には確実に自動車販売も低下することが予測されますので、将来性は先細りになると予想されています。

 

中古自動車査定士になるためには?

中古自動車査定士試験に合格すると「中古自動車査定士」になることができます。合格率は、小型が77%から83%前後で推移しており、大型は98%程度という極めて合格率の高い試験になっています。

受験資格が基準を満たしていれば、試験自体の難易度は高くありませんが、取得するメリットの高い資格なので、費用対効果抜群の資格と言えるでしょう。

 

受験資格
●小型車査定士受験者(受験者は、15,000人の人気の高い資格です。)
(1)普通運転免許以上の有資格者
(2)自動車販売・整備の実務経験6ヶ月以上
(3)協会所定の研修(3日間)を修了した者。

 

●大型車査定士受験者(受験者は、150人程度となっており、小型の1%程度になっています。)
(1)大型第1種運転免許以上の有資格者
(2)自動車販売・整備の実務経験6ヶ月以上
(3)協会所定の研修(3日間)を修了した者。

 

中古自動車査定士試験とは?

受験資格

小型車試験:
・普通免許の所持
・6ヶ月以上の自動車販売(整備)の実務経験
・協会所定の研修を修了(3日間)
のいずれか

大型車試験:
・大型免許の所持
・6ヶ月以上の自動車販売(整備)の実務経験
・協会所定の研修を修了(3日間)

試験方法 筆記試験、実技試験
試験場所 全国各地
試験日程 6月中旬、②12月中旬(小型車のみ)
申込期間 4月初旬~4月下旬、②9月中旬~10月中旬
合格発表 時期は未定
受験料 小型車試験:17,280円
大型車試験:18,090円

 

中古自動車査定士試験の合格率は?

中古自動車査定士試験の合格率は、概ね80%~90%前後で推移しています。合格した後のメリットと受験の難易度を考えれば、お得な資格と言えるでしょう。

平成24年度 小型:受験者数 12881人・合格者数 10684人 合格率82.9%

平成24年度 大型:受験者数 155人・合格者数 152人 合格率98.1%

 

中古自動車査定士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

基本的には協会所定の研修(3日間)をしっかりと受講すれば合格できると言われています。一般的に、「まったくの初学者が合格するのに必要な学習時間」は、10~20時間と言われています。1日2時間程度の学習時間で5日から10日程度は準備期間として必要になります。

試験は筆記試験のみで、凹みや傷の大きさによって、いくら減額するか。また修復位置によって、いくら減額するか。逆にメーカーオプションが付いていれば、いくら増額するか。のような計算して査定価格を算出する試験です。

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-車両・船舶・航空機関連

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.