希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

法律・労務系

司法書士

更新日:

司法書士とは?

司法書士は、個人や企業などの依頼により、法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する仕事です。司法書士の仕事をするには、国家資格が必要です。

司法書士試験は簡単に合格できるものではありませんが、いわゆる士業のひとつとして有資格者にしかできないと定められている業務も多く、その道のプロフェッショナルになることができます。

司法書士というのは、他人の依頼をうけて、裁判所・検察庁・法務局・地方法務局に提出する書類を作成したり、登記または供託に関する手続を代理しておこなうことを業務とする職業です

業務内容は多岐にわたりますが、現実的には、不動産登記と商業登記が大きな比重を占めています。

 

司法書士の仕事内容(5つの業務)

(1)不動産登記

不動産登記は、土地や建物の所在、面積等の物理的な状況や、その土地の所有者や担保権といった不動産の権利関係を登記簿という公簿に掲載することで公表する制度です。

不動産という大切な財産の権利を守る重要な制度ですが、司法書士は様々な面で関わることになります

不動産が売買される時には、売買代金の授受などに立ち会い、当事者本人であることや売買物件の確認、抵当権の抹消や住宅ローンの実行などを確認、当事者双方から登記手続きの依頼を受けて必要な登記の申請を行います。

相続では、相続人の依頼により、相続登記の申請手続きを代行します。

相続人の間での話し合いの内容による遺産分割協議書の作り方や相続放棄手続きや遺産の分割方法に関するアドバイスなども行い、相続が問題なくスムーズに行われるためのサポート役の役割を果たすことも重要な業務の一つです。

 

(2)商業登記

株式会社、有限会社等の会社や、宗教法人、NPO法人等の法人は、商号(名称)や本店所在地、資本金、役員等の法定事項を登記簿に記載して公示することが法律上義務づけられています。

こういった登記の手続きを代行したり、会社定款の内容に関するアドバイスを行います。

 

(3)供託手続き

賃貸借契約のトラブルで貸し主が地代や家賃を受け取ってくれないときにそのまま放置しておくと、不払いを理由に契約を解除されることがあります。たとえば、急に大幅な家賃の値上げを要求し、その金額以外は一切受け取らないと主張してきたといったケースです。

こういったときには、借主は、値上げ要求前の家賃を供託所に預けることによって、追い出されないようにすることができます。これが供託と呼ばれる制度ですが、司法書士は手続きに関する相談や代行を行います。

 

(4)簡易裁判所における代理・裁判事務

法務大臣の認定を受けることで、司法書士でも、訴訟額140万円以下の簡易裁判であれば、弁護士同様に法廷に立ち、弁護活動ができることになりました。

これにより急激に増えたのが、先ほども触れた債務整理です。多重債務に関する相談、自己破産・調停・個人再生や過払い金訴訟に関する相談や手続きの代行を行います。

 

(5)成年後見制度

成年後見制度は、高齢者や障害のある方々の権利を守り、より自分らしく生きることを支援する制度です。

たとえば、認知症や障害などで判断力が不十分な人を狙った悪徳業者が不当な契約をおこなった場合、契約者の代わりに解除等の手続きを行います。

成年後見人というのは、判断能力がない方の代行を務めるだけに、高い信頼性が求められます。とても大切な業務であり、司法書士の役割として期待されています。

財産や権利を守るのが司法書士の役割

主な業務についてまとめてみましたが、大切な財産・権利を守る仕事であることが分かると思います。重い責任を背負うものが多く、それだけに心理的なプレッシャーがありますが、やりがいのある仕事でもあります。

 

 

司法書士の1日

8:45
出社
9:00
メールをチェックし、一日の予定の確認を行う。
9:30
事務所メンバーとのミーティング。扱っている案件の進捗と、補助者に依頼していることがあればその進捗について確認する。
10:30
不動産取引決済のため銀行へ外出。権利証などの必要書類について確認し、問題がなければ代金の移動と登記書類の同時引渡しを行う。
11:30
登記事項証明書の入手、不動産評価額の閲覧のため法務局へ外出。
12:00
昼休憩
13:00
顧客との打ち合わせ 債務整理および過払い金返還請求についての相談を受ける。
14:30
別件の不動産取引決済のため銀行へ外出。
16:00
受任中の相続登記申請の案件について、公証役場との遺言作成についての打ち合わせを行う
17:00
受任中の新築登記案件について、必要書類を作成する。
17:30
顧客から電話での相談に対応する。
18:30
後片付けをして終業。

 

司法書士の給与(年収)

年齢 平均年収 平均月額給与 ボーナス
20~24歳 359.1万円 22.4万円 89.8万円
25~29歳 447.3万円 28.0万円 111.8万円
30~34歳 491.4万円 30.7万円 122.9万円
35~39歳 560.7万円 35.0万円 140.2万円
40~44歳 630.0万円 39.4万円 157.5万円
45~49歳 705.6万円 44.1万円 176.4万円
50~54歳 756.0万円 47.3万円 189.0万円
55~59歳 749.7万円 46.9万円 187.4万円
60~65歳 510.3万円 31.9万円 127.6万円

出典元:平均年収.jp

 

司法書士の将来性

司法書士の将来性は、他の士業と同じように厳しい状況になると予想されています。
・(1)登記の減少
(2)司法書士の関与率の低下
(3)人口の減少
(4)マイナンバーの活用

など、司法書士業界を脅かす兆しはたくさん見られます。

さらに、個人事務所を脅かす現象としては、登記業務は一部の大規模事務所に集中化が進んでいます。批判を受けることを恐れずに言えば、登記はだれがやっても結果が同じだからです。

だれがやっても同じなら、早く、安く、正確にやることが求められます。これが、大規模事務所への集中化が進む理由です。

司法書士の業務では、不動産登記が大きな役割を占めます。したがって、宅地建物主任者や土地家屋調査士の資格も取得しておくと活躍の場が広がります。

どんな職業でも同じことですが、営業力、コミュニケーション能力、ある程度の価格競争に耐えられる資金力を備えた司法書士が生き残っていく業界と言えるでしょう。

 

司法書士になるためには?

司法書士になるには、法務省が実施する国家試験に合格する必要があります。合格率が2~3%台で推移している難しい試験のため、中途半端な勉強では合格ラインに到達しません。例えば、時間的な余裕のある大学時代から勉強を開始し、早ければ在学中、あるいは卒業後すぐに合格すれば、その後のプランを立てやすくなります。

平成25年 受験者数:22494人 合格者数:759人 合格率:3.5%
平成24年 受験者数:24048人 合格者数:796人 合格率:3.5%
平成23年 受験者数:25696人 合格者数:838人 合格率:3.4%

 

出典元:http://shingakunet.com/bunnya/w0001/x0022/

 

司法書士試験とは?

4月
・5月
願書配布

出願
・受験資格
年齢、性別、学歴等に関係なく誰でも受験できる
・出願期間
例年5月中旬から下旬
・願書提出先
受験地を管轄する法務局または地方法務局の総務課
・願書提出方法
郵送または持参
・問い合わせ先
法務局または地方法務局の総務課
法務省東京法務局 03-5213-1323
7月 筆記試験

※第1また第2日曜日

午前の部 9:30~11:30
・試験形式:択一式(マークシート)
・試験科目:憲法/民法/商法/刑法 合計35問(105点満点)
午後の部 13:00~16:00
・試験形式:択一式(マークシート)/記述式 ・試験科目
<択一式>
不動産登記法/商業登記法/民事訴訟法・民事執行法・民事保全法/供託法/司法書士法/
合計35問(105点満点)
<記述式>
不動産登記法書式
商業登記法書式
各1問(70点満点
※記述式問題とは、登記申請書の記載事項や判断理由等を問う問題です。
10月 筆記試験合格発表
口述試験

・試験形式:口述式
・試験科目
 不動産登記法/商業登記法/司法書士法(司法書士の業務を行うに必要な一般常識)
・所要時間:1人あたり15分程度

受験地の法務局・地方法務局で掲示されるほか、 法務省のホームページ にも掲載されます。 また、合格者には郵送にて通知されます。この通知書は口述試験の受験票となります。

11月 最終合格発表

合格者は官報に公告されるほか、筆記試験の管轄法務局・地方法務局で掲示されます。 また、法務省のホームページ にも掲載されます。

出典元:http://www.lec-jp.com/shoshi/about/nagare.shtml

 

司法書士試験の合格率は?

司法書士試験の合格率は3%台で推移しています。国家試験の中ではトップクラスで合格率の低い試験になっています。合格率を3%前後にするために合格点が試験の年度によって異なります

  出願者 受験者 合格者 合格率 合格点[筆記試験]
H22 33,166 26,958 948 3.5% 212.5点 / 280点満点
H23 31,228 25,696 879 3.4% 207.5点 / 280点満点
H24 29,379 24,048 838 3.5% 215.0点 / 280点満点
H25 27,400 22,494 796 3.5% 221.5点 / 280点満点
H26 24,538 20,130 759 3.8% 207.0点 / 280点満点
H27 21,754 17,920 707 3.9% 218.0点 / 280点満点
H28 20,360 16,725 660 3.9% 200.5点 / 280点満点

 

司法書士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「まったくの初学者が合格するのに必要な学習時間」は、3,000時間と言われています。1日2時間、土日に5時間程度の学習時間(月間約80時間程度)を確保できたとして、およそ36ヵ月程度(3年間)は準備期間として必要になります。

 

司法書士試験は独学で合格することは可能なのか?

司法書士試験は市販の参考書だけで合格を目指すには無理があります。司法書士資格を取得するためには、ほとんどの方が専門学校などで学習した経歴を持っています。しかし、少数派ながら独学で学習して資格取得に成功した人もいます。

独学と言っても、大学で法律を専攻していたり、司法書士事務所で日常的に業務内容が試験内容と重なっている方がほとんどで、全くの異業種で司法書士を目指す方は専門学校や資格講座を利用しなければ、合格は限りなく0になってしまいます。

司法書士試験は、試験は範囲が広く、さらに専門的な試験です。また、法律は改正がある為に柔軟に対応しなければなりません。効率よく効果的な学習をしっかりとしたスケジュールを立てなければ、まったく歯が立たない試験なのです。

司法書士試験は、司法書士試験のプロに頼るべきです。学費に関しては10万円程度から50万円程度になっており、高額ではありますが、合格した後のメリットを考えれば安い投資と言えるでしょう。

 

司法書士試験に一発合格するためにおすすめの「専門学校や教材」ランキング!

学校名(教材名) 詳細

第1位

東京法経学院

司法書士 新・最短合格講座」は,本学院の名古屋校で毎年合格者を輩出している『合格の徳さん』こと 簗瀬 やなせ  徳宏講師が担当する通学講座「司法書士 新・全日制17」の講義を,通信教育として編集したものです。

司法書士試験にチャレンジしてみたいという意欲を持ちながら,「通学するには時間がない」「 簗瀬 やなせ  先生の講義を受講したいけど,遠くて通うことができない」「時間が合わない」など,さまざまな理由で通学することができない方がいらっしゃいます。

そのような方々のために,全国どこにいても, 簗瀬 やなせ  講師の講義を,教室の臨場感そのままに受講できるのが,本講座です。

学費:166,640円 (コースによって異なります)

司法書士試験合格サイト 東京法経学院

第2位

Wセミナー(TAC)

受験生から絶大なる支持を得ている「山本浩司のオートマシステム」の著者、山本浩司がわずか6ヵ月で成しえた短期合格のノウハウを伝授します。卓越した理論を講義で展開。自然に理解、そして記憶ができる技法で、あなたを短期合格へと導きます。 

学費:502,000円(コースによって異なります)

司法書士

 第3位

LEC

 

インプット【講義】では択一対策はもちろん、書式対策もしっかりと提供していきます。また、講義の進行に合わせて、講座連動アウトプット講座があるので、学習開始初期から知識の定着を確認しながら確実に学習を進めていくことができます。

LECが31年間の司法書士受験指導の中で培ったノウハウと司法書士試験合格に必要な知識すべてが凝縮された、効率よく学習できるコースです。 

学費:512,200(コースによって異なります)

司法書士 通勤講座

 第4位

通勤講座

 

 

「司法書士 通勤講座」は、忙しい方でも、無理なく合格できるように開発された画期的なオンライン資格対策講座です。従来の資格講座とは違い、スマートフォンやPC、タブレットを使い、スキマ時間を使って効率的に学習できます。

わかりやすい動画講座に加え、問題練習や過去問練習、記述式対策など、全ての試験対策講座が含まれており、これらを通勤時間などのスキマ時間で学習できるようになっているため、忙しい方でも無理なく続けられます。

 学費:89,800円 

司法書士 通勤講座

 

司法書士試験の過去問は?

(1)アマゾンで購入する

司法書士年度別過去問〈平成24~28年度〉

新品価格
¥5,724から
(2017/6/11 17:16時点)

 

(2)楽天で購入する

楽天で「司法書士試験の過去問」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-法律・労務系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.