希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

法律・労務系

弁理士

更新日:

弁理士とは?

弁理士は「知的財産の専門家」です。多くの人が必要とされる物で、ちょっとした「アイデア」が製品化され大きな利益を生み出すことがあります。そのアイデアの権利を登録して守るのが弁理士と言えます。

知的財産とは
人間の知的活動によって生み出されたアイデアや創作物などには、 財産的な価値を持つものがあります。 そうしたものを総称して「知的財産」と呼びます。 知的財産の中には特許権や実用新案権など、 法律で規定された権利として保護されるものがあります。 それらの権利は知的財産権と呼ばれます。 主な知的財産権には以下のものがあります。

特許(発明)
発明と呼ばれる比較的程度の高い新しい技術的アイデアに与えられます。「物」「方法」「物の生産方法」の3つのタイプがあります。

実用新案(考案)
発明ほど高度なものではなく、言い換えれば小発明と呼ばれるものです。
実用新案権は無審査で登録されます。

意匠(デザイン)
物の形状、模様など斬新なデザインに対して与えられます。

商標(マーク)
自分が取り扱う商品やサービスと、他人が取り扱う商品やサービスとを区別するためのマークに与えられます。

著作権
文芸、学術、美術、音楽の範囲に属するもの。コンピュータプログラムも含みます。

半導体 集積回路配置
独自に開発された半導体チップの回路配置。

商号
営業上、法人格を表示するために用いる名称、社名。

不正競争の防止
周知な商品等表示や営業秘密など

植物の新品種
育成者権(種苗法)によって、植物の新品種を保護します。

 

弁理士の仕事内容

様々な製品は特許で保護されている場合がありますが、そうした特許を特許庁へ代理で出願手続する業務を中心として、既に発明物の特許が登録されていないか調べたり、企業に対して特許に関するアドバイスやコンサルティング等を行っているのが弁理士の仕事と言えます。特許権・実用新案権・意匠権・商標権の出願手続きは自分で行っても良いが、非常に複雑なのでプロである弁理士に依頼するケースがほとんどです。

弁理士は出願だけでなく、出願が特許庁から拒絶された場合には、専門的な検討を行い、拒絶理由を解消する手続きも行います。また、発案者の権利が侵害された場合には訴訟代理人を務めることもありますし、意匠の範囲や商標の類似鑑定・判定も行います。

 

 

弁理士の1日

09:00~10:00 期限の確認、レター・メールのチェック
10:00~12:00 所内打合せ、書類作成、書類チェック等
12:00~13:00 近くのカフェでランチ
13:00~15:00 出願書類の作成・チェック
15:00~16:00 特許庁への提出手続
16:00~17:00 クライアントへの報告
17:00~17:15 期限の最終確認
17:15 帰宅

 

弁理士の給与(年収)

年齢 平均年収 平均月額給与 ボーナス
20~24歳 433.2万円 27.1万円 108.3万円
25~29歳 539.6万円 33.7万円 134.9万円
30~34歳 592.8万円 37.1万円 148.2万円
35~39歳 676.4万円 42.3万円 169.1万円
40~44歳 760.0万円 47.5万円 190.0万円
45~49歳 851.2万円 53.2万円 212.8万円
50~54歳 912.0万円 57.0万円 228.0万円
55~59歳 904.4万円 56.5万円 226.1万円

出典元:平均年収.jp

 

弁理士の将来性

国際出願の増加

近年、各企業は長引く不況によって特許等の出願手続きを特許事務所に依頼せず、社内で完結させているケースが多くなっています。

特許事務所が活躍の場の中心となる弁理士にとっては厳しい状況ともいえますが、その中で特に伸びしろがあると注目されている分野が、日本企業が海外で特許権を取得するような「国際出願」です。

国内の出願件数が毎年ほぼ横ばいの状況なのに対し、国際出願の数は大幅に伸びてきており、この先も国際出願に対応できる特許事務所や弁理士の需要は高まると考えられています。

 

競争の中で生き残るために

専門職や士業全般と同様に、弁理士として成功できるかどうかは最終的には本人の力量次第です。いくら弁理士の需要が高まっても、全ての弁理士が満足できるほどしっかり稼げるかといえば、そう簡単にはいきません。

弁理士のような特別なスキルを要する仕事の場合、どうしても実績のある人や深い知識を持つ人のところに仕事が集まりやすくなります。

弁理士は資格を取得するまでも長い道のりがありますが、試験への合格はあくまでもスタート地点と考えて、その先が勝負という気持ちでやっていく必要があります。

 

弁理士になるためには?

弁理士になるためには、毎年1回行われる弁理士試験に合格し、弁理士登録をする必要があります。受験資格に制限はありません。
弁理士試験は5月に1次試験の短答式、7月に2次試験の論文式、10月に3次試験の口述式が行われ、論文式試験は短答式試験に合格した者、口述試験は論文式試験に合格した者に行われます。近年の合格率は6%から10%という狭き門になっています。

ちなみに平成28年度の弁理士試験では、志願者数4,679名、受験者数4,211名。合格者数は296名となっています。合格者の最年長は60歳。平均受験回数は4.4回となっています。

 

 

出典元:http://www.jpaa.or.jp/patent-attorney/howto/

 

弁理士試験とは?

平成29年(2017年)の弁理士試験の日程は以下の通りです。

(1)短答式筆記試験

試験日  :5月21日(日)

合格発表日:6月12日(月)

 

(2)論文式筆記試験

試験日(必須科目):7月2日(日)

試験日(選択科目):7月23日(日)

合格発表日    :9月27日(月)

 

(3)口述式筆記試験

試験日   :10月下旬

合格発表日 :11月9日(木)

 

詳細につきましては、特許庁HPを参照して下さい。

 

弁理士試験の合格率は?

弁理士試験の合格率は、6%~10%程度で推移しています。国家試験の中では合格率の低い試験です。

年度 受験者 合格者 合格率
平成22年度 9,950人 756人 8.3%
平成23年度 8,735人 721人 9.1%
平成24年度 7,930人 773人 10.7%
平成25年度 7,528人 715人 10.5%
平成26年度 6,216人 385人 6.9%
平成27年度 4,798人 319人 6.6%

 

弁理士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「まったくの初学者が合格するのに必要な学習時間」は、3,000時間と言われています。1日2時間、土日に5時間程度の学習時間(月間約80時間程度)を確保できたとして、およそ36ヵ月(3年間)程度は準備期間として必要になります。    

 

弁理士試験は独学で合格することは可能?

弁理士は、知的財産権の保護を目的に、個人や企業の代行で特許権やその他の知的財産権の申請を行う職業です。法律を扱い、非常に専門的な分野でかつ豊富な知識を必要とするので、大学や職場で基礎を学んでいない場合、独学で合格するのは非常に難しい試験です。

弁理士試験の合格者の受験回数は、2~5回が圧倒的に多いことからも分かるとおり、1発で3次試験まで合格する方は非常に少ないです。

基本的には、弁理士試験対策講座のある予備校や専門学校、スクール等に通って学ぶのが最短の合格ルートになります。これらの学校は複数の講座が用意されており、試験内容をみっちりとフルで学ぶ講座もあれば、苦手分野だけ学べる講座もあるなど様々です。

弁理士試験は、弁理士試験のプロに任せる方が間違いなく「効率的」「効果的」な学習になります。学費は20万円から50万円程度かかりますが、合格後のメリットを考えれば安い投資と言えるでしょう。

弁理士試験は短答式試験、論文式試験、口述試験の3段階に分かれており、1年目に短答式試験に合格すれば、翌年の短答式試験が免除される制度もあるため、最初から2年がかりの計画を立てて合格を目指す人もいます。

 

弁理士試験に一発合格するためにおすすめの「専門学校や教材」ランキング!

学校名(教材名) 詳細

第1位

TAC

 

実務経験が豊富な講師や弁理士試験の傾向と対策を熟知している講師が長年蓄積された講義ノウハウを元に適切な方法論をもって講義をします。

実体験に基づいた講義ですので、内容をわかりやすく伝えるだけでなく、どのように伝えたら、理解が促進されるかということも意識した講義をします。プロフェッショナルな講師陣が講義を通じて皆様の最速合格を後押しします。

TACでは、3つのサポート制度を設けています。

①講師担任による個別指導 学習上の疑問点を解消します。

②個別カウンセリング 学習プランの作成や悩みを解決します。

③予習・復習・進捗管理制度 予習や復習の講義外の時間を徹底サポートします。

この3つのサポート制度で、学習時間外の非効率な時間を解消し、合格をポートしてくれます。

 

学費:¥425,000円 (コースによって異なります)

弁理士

 

第2位

LEC

 

多くの合格者を輩出し続ける名門コース!
1年合格のために必要な知識をゼロから習得できるフルコース!弁理士試験の一発合格者のほとんどがLECの教材を使用しています。

学費:390,700円 

弁理士

第3位

 資格スクエア

 

試験合格に必要な、基礎講座(130時間)、短答対策講座(80時間)、論文対策講座(46時間)が見放題の充実した講座構成です。

さらに製本テキストと15年間分の短答過去問集(15年分)、直前チェックシートプレゼントでインプットからアウトプットまであなたをサポート。

学費:173,600円 

資格スクエアの講義内容を確認する!

 

弁理士試験の過去問は?

(1)アマゾンで購入する

2017年版弁理士試験 体系別 短答過去問 条約・著作権法・不正競争防止法

新品価格
¥2,808から
(2017/6/8 23:20時点)

 

(2)楽天で購入する

楽天で「弁理士試験の過去問」を購入する!

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-法律・労務系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.