希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

税務・会計・経営系

中小企業診断士

更新日:

中小企業診断士とは?

「経営コンサルタント」関連で唯一の国家資格が「中小企業診断士」です。中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。

 

中小企業診断士の仕事内容

中小企業とは、卸売業で資本金1億円以下か従業員100名以下、小売業だとそれぞれ、5000万円と50人、製造業だと3億円以下と300名以下の会社で、日本企業の99.7%は中小企業になります。よって、中小企業の経営基盤を支えることが日本の経済を左右すると言っても過言ではありません。それだけに中小企業診断士の果たす役割は極めて重要になってきます。

中小企業診断士の仕事は多岐にわたります。 その専門的な知識は多くの企業にとってはメリットとなることであり、特に中小企業の場合は経営改革などを行う際には良きアドバイザーともなるのです。

 

経営コンサルティング
主な仕事とされるのが、「企業の経営診断」と「診断に基づいた助言・アドバイス、事業提案」を行うことです。
対象となるのは既存企業はもちろんのこと、今後起業を考えている人やベンチャー企業など様々です。会社設立に立会うことができ、経営理念の作成に携わる場合もあります。

民間(企業)と公的機関(行政)とのパイプ役
国家資格となる以前からの仕事でも有る公的診断は、現在も中小企業診断士が行う仕事とされております。国が行う政策が円滑にとり行われる様に、都道府県・自治体の中小企業支援センターなどから企業への指導・支援を行ったり、貸付審査業務などを行います。

企業と専門家とのパイプ役
経営を行うには様々な知識が必要とされます。経営診断により必要とされる業務が増えた場合には、専門的な知識を持っている専門家を企業は雇う必要が出てきます。
中小企業診断士だけでは解決できない問題などがある場合には、税理士や会計士、社会保険労務士や弁護士などと、企業が円滑に仕事ができるように情報連携などによる橋渡し的な役割も求められます。

講演や執筆など
多くの経験と共にコネなども必要となりますが、経営者や管理者に向けての「経営セミナー」や「起業を考えている人に対しての創業支援セミナー」などを行います。
雑誌や新聞などに執筆すること自体が実績となることがあり、優れた内容であれば企業からのコンサルティングの依頼へと繋がります。

 

 

中小企業診断士の独立開業時に目安となる「報酬額」

中小企業診断士として独立開業した場合、目安となる「報酬額」は以下のとおりです。

診断業務…10.8万円

企業の強みや弱み、市場分析をもとに、経営状況の現状分析を行う仕事だ。公的機関からの依頼を受ける場合もある。

経営指導…9.7万円

経営戦略の見直しや新規事業戦略の提案、経営改革などを提案する仕事だ。コンサルティングが豊富なら、経営指導の声がかかることも増えるだろう。

講演および教育訓練…13万円

主に経営者や幹部候補を対象に、経営理念や事業戦略のセミナーや教育訓練を開催する。また、独立開業を目指す人に対するセミナーをする業者もいるようだ。

調査および研究…4.9万円

業界やエリアの実態調査、マーケティングのための調査を行う。広い知識を身に付けることにもなるので、今後のコンサルティング業務にも役立つ仕事だ。

原稿執筆料…0.5万円(400文字)

中小企業診断士の観点から、さまざまな原稿を執筆する。たとえば、経済に関するニュースや中小企業診断士の資格試験に関する情報など、さまざまな記事依頼を受けるだろう。

中小企業診断士として独立開業した場合、「先生」と呼ばれる仕事が増える。ひとつひとつの仕事の報酬も高額に見えるだろう。しかし、高い専門性が求められるため、生き残るのは簡単ではない。

 

中小企業診断士の給与(年収)

20~24歳 285.0万円 17.8万円 71.3万円
25~29歳 355.0万円 22.2万円 88.8万円
30~34歳 390.0万円 24.4万円 97.5万円
35~39歳 445.0万円 27.8万円 111.3万円
40~44歳 500.0万円 31.3万円 125.0万円
45~49歳 560.0万円 35.0万円 140.0万円
50~54歳 600.0万円 37.5万円 150.0万円
55~59歳 595.0万円 37.2万円 148.8万円
60~65歳 405.0万円 25.3万円 101.3万円

出典元:平均年収.jp

 

中小企業診断士の将来性

そもそもこの資格を取得する動機としてはどういったものが多いのかと言うと、これは企業内で経営管理に携わっていた人材がさらなるスキルアップを目指して取得したというケースがかなり多くあります。

もともと経営管理に携わる人はその企業内でもかなりの高待遇にある人で、資格取得以前から年収が平均よりも高い水準にあることがほとんどなのです。

そうした人が資格を取得したことで資格取得手当なり給与査定のプラスが得られて年収がアップして平均データに影響を与えたという要素は必ず存在していますから、もともとの年収が300万円前後のように一般的だった人が資格を取得したことでいきなり年収700万円に到達するわけではありません。

中小企業診断士として、また有資格者として企業に勤めることで生活を維持している人が多いということで、この資格は十分食えると考えることは可能です。しかし「いきなり収入が大幅にアップする」といった期待を持つことは難しいのが現状です。

 

中小企業診断士になるためには?

中小企業診断士になるには、中小企業診断士試験に合格して、中小企業庁に登録の申請を行います。中小企業診断士試験は一次試験、二次試験、面接、実務補習という4ステップで構成されています。このうち、2次試験から実務補習のプロセスは、中小企業診断士の登録養成課程というカリキュラムに代用することができます。

 

出典元:スタディサプリ

 

 

中小企業診断士試験とは?

中小企業診断士試験の試験は、1次と2次があります。

(3)中小企業診断士試験の概要
受験資格 制限なし(どなたでも受験できます)
願書配布・受付

1次・・・・5月上旬~下頃まで


2次・・・・8月下旬~9月中旬頃まで

受験地

1次試験

 

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇

 

2次試験

 

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

受験料

1次・・・・13,000円


2次・・・・17,200円

 

試験日

1次・・・・8月上旬頃の2日間


2次・・・・10月下旬頃


口述・・・・12月中旬頃

試験内容

1次試験(全科目を3年以内に7科目に合格すれば第1次試験合格となります。)


① 経済学・経済政策


② 財務・会計


③ 企業経営理論


④ 運営管理(オペレーション・マネジメント)


⑤ 経営法務


⑥ 経営情報システム


⑦ 中小企業経営・中小企業政策

 

2次試験


① 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ


② 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ


③ 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ


④ 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ

 

口述試験・・・・中小企業の診断及び助言に関する能力

合格発表

1次・・・・9月上旬頃


2次・・・・12月上旬頃


口述・・・・12月下旬頃

 

中小企業診断士試験の合格率は?

中小企業診断士試験の合格率は、3%から5%となっており、国家試験の中でもトップクラスで合格率の低い試験になっています。

 

1次試験合格率

(A)

2次試験合格率

(B)

試験合格率

(A×B)

平成21年度

24.1%

17.8%

4.3%

平成22年度

15.9%

19.5%

3.1%

平成23年度

16.4%

19.7%

3.2%

平成24年度

23.5%

25.0%

5.8%

平成25年度

21.7%

18.5%

4.0%

平成26年度

23.2%

24.3%

5.6%

 

中小企業診断士試験の合格に必要な学習時間はどれくらい?

「年齢」や「職業」などで一概には言えませんが、一般的に、「まったくの初学者が合格するのに必要な学習時間」は、1,000時間と言われています。1日2時間、土日に5時間程度の学習時間を確保(月間約80時間程度)できたとして、およそ12ヵ月程度は準備期間として必要になります。   

 

中小企業診断士試験は独学で合格することは可能?

出題範囲が広い中小企業診断士試験を、市販の本だけで勉強するのには無理があります。中小企業診断士試験は、広範囲の専門知識が必要です。今後仕事として使う資格と考えれば、中小企業診断士試験の専門家(専門学校や通信講座)の力を利用するべきです。

中小企業診断士試験の効率的な勉強法 はじめて中小企業診断士試験を受験する方は、合格実績の高い専門学校や講座を利用して、それをペースメーカーにして自習した方が絶対に効率的かつ効果的です。プロの講師たちが作ったカリキュラムや教材に従った方が確実に合格率が高まります。  

中小企業診断士試験に1回で合格する為の学習方法のまとめ 中小企業診断士試験に1回で合格する為には、しっかりと基礎を学び過去問重視の学習が必要になります。合格率を高めるためには、(1)専門学校に通う、(2)通信講座で学習する、(3)基礎学習は市販書で行い、試験対策として専門学校や通信講座の専門テキストで学習し、過去問や模擬試験をひたすら解きまくる のいずれかを行う必要があります。

 

【2018年】おすすめの「中小企業診断士試験」対策講座ランキング! 

学校名(教材名) 詳細

第1位

診断士ゼミナール

 

診断士ゼミナールは中小企業診断士試験に特化した通信講座を提供している資格学校です。

他社に比べて非常に価格が安く、スマホ・タブレットでの視聴も可能なため、忙しいビジネスパーソンや学生にとても好評です。
(診断士ゼミナール価格:59,800円~、他社平均価格:15~20万円)

価格59,800円

 

中小企業診断士試験をご検討の方、必見

第2位

TAC

短期合格を勝ち取るためには、優秀な講師とオリジナル教材を有機的に活用していくための「戦略的なカリキュラム」が必要です。

TACでは多忙な社会人の方でも「無理なく無駄なく」学習できる戦略的カリキュラムを提供しています。 TACのカリキュラムで、効率的に1・2次ストレート合格を勝ち取ってください。

2017年度中小企業診断士第2次試験
TAC本科生合格者  183名!

¥275,000

 

資格の学校TAC<中小企業診断士>各種コース開講

 

第3位

通勤講座

 「通勤講座」は、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間で効率よく学べ、わかりやすく、安価あるため、現在受講者9,000人を超え急成長中です。

(1)時間がなくてもOK  :  スマホ・PC・タブレットがあれば、いつでもどこでも学べます。忙しい社会人の方に向いています。

(2)わかりやすい  :  ビデオ講座は専用スタジオで制作しており、業界No1のわかりやすさです。さらに問題練習・過去問練習などがスマホ等で簡単にできます。

(3)他社に比較して格安  :  大手資格学校の通学・通信講座に比べて格安です。中小企業診断士・司法書士などは5分の1程度の価格です。

 

価格49,980円

中小企業診断士 通勤講座

 第4位

大原

 大原の中小企業診断士講座では毎年数多くの合格者を輩出。長年積み重ねてきたノウハウと経験を生かし、皆さんを合格 レベルへと導きます。

 

価格232,000円(コースにより変わります。)

【資格の大原】
中小企業診断士を目指すなら

 

 第5位

LEC

 

 

LECの1次2次プレミアム合格コースは、段階的にレベルアップできる3ステップカリキュラムと早期に2次試験対策を始めることで、計画的に、着実に合格をねらいます。
質問制度も充実していますので、初学者の方でも安心して受講していただけるコースです。

価格240,000円(コースにより変わります。)

中小企業診断士サイトはこちら

 

 

中小企業診断士試験の過去問は?

(1)アマゾンで購入する

中小企業診断士 最短合格のための 第1次試験過去問題集 (7) 中小企業経営・中小企業政策 2017年度

新品価格
¥1,620から
(2017/6/1 23:20時点)

 

(2)楽天で購入する

楽天で「中小企業診断士試験の過去問」を購入する!   

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-税務・会計・経営系

Copyright© 資格と仕事.COM , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.