希望する仕事とその仕事に関わる資格を調べてみよう!

資格と仕事.COM

操縦・運転系 車両・船舶・航空機関連

電車の運転士(運転手)

更新日:

電車の運転士(運転手)とは?

乗客や貨物などを安全、確実に目的地まで運ぶために電車や列車を運転するのが電車運転士です。電車の操作方法は車両の型式ごとに少しずつ異なるほか、乗客数や積載量、天候などによりモーターやブレーキの作動状況も変化します。こうした違いや変化を認識しながら、時刻表どおりの正確な発着を行います。

都市部の運行スケジュールは過密で、とくに朝夕のラッシュ時は秒単位でダイヤが組まれています。その時に運転ミスがあると、スケジュールが大幅に乱れて乗客に迷惑をかけることになります。電車を利用する人々が安心して乗車できるように、職人技ともいうべき絶妙な運転技術が求められる仕事です。

電車と列車の違いとは?

列車とは普遍的に言えば線路を走る車両全て(ディーゼルや機関車(石炭))を指します。対して電車とは、列車の一種であり、主に架線から電気を使って走っている列車を指します。

 

 

電車の運転士(運転手)の仕事内容

電車運転士の仕事は、乗客や大量の貨物をのせた電車や電気機関車を運転し、安心かつ正確に目的地まで運ぶため、発車の準備、運転、到着後の報告、事故の処置などを行うことが仕事です。

電車運転士の正確な人数は不明ですが、2000年の国勢調査の時点では、4万人以上が電車・気動車運転士として働いていました。その中には、路面電車や新幹線の運転士も含まれています。

 

電車の運転士(運転手)の1日

電車運転士は「泊まり」「明け」「日勤」「休み」を繰り返しながら働いており、休憩や仮眠を挟みながら丸一日働く場合や、朝から夕方まで働く場合、早朝からお昼過ぎまで働く場合など、日によって勤務時間は異なります。

 

電車の運転士(運転手)の給与(年収)

10人以上の社員が在籍する会社における電車運転士の平均年収は618万2000万円でした。女性の電車運転士に限定すると、10人以上の社員が在籍する会社の平均年収は523万8000万円でした。

平均年収は、毎月支給される給与にボーナスなどを加えた額です。初任給は鉄道会社によって差はありますが、4年制大学を卒業した場合、月給19~20万円程度です。電車運転士の場合、一般企業と同様に年に一回の昇給システムがあるため、勤続年数が長くなるほど年収が高くなります。

 

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 432.3万円 27.0万円 108.1万円
25~29歳 394.1万円~444.1万円 27.8万円 111.0万円
30~34歳 409.2万円~509.2万円 31.8万円 127.3万円
35~39歳 423.0万円~527.0万円 32.9万円 131.8万円
40~44歳 471.1万円~592.1万円 37.0万円 148.0万円
45~49歳 541.2万円~663.2万円 41.5万円 165.8万円
50~54歳 600.6万円~710.6万円 44.4万円 177.6万円
55~59歳 594.7万円~704.7万円 44.0万円 176.2万円
60~65歳 379.6万円~704.7万円 30.0万円 119.9万円

出典元:平均年収.jp

 

電車の運転士(運転手)の将来性

首都圏を含む都市部では、通勤や通学の足として電車や地下鉄がよく使われています。新たな路線も増加していることから、都市部を中心に営業展開する鉄道会社では、電車運転士を積極的に採用しています。都市部と大きく状況が異なるのが地方の鉄道路線です。

赤字に転落した路線では、電車運転士が社内の異なる部署に異動するようなケースもあるようです。地方の鉄道会社に勤務する運転士は、会社の利益につながるような提案を行うことも必要になるでしょう。近年の傾向として目立つのは女性の電車運転士の増加です。東海道新幹線を運転する女性も登場しており、今後も増加傾向が続くでしょう。

いわゆる「団塊の世代」が大量退職する「2007年問題」や「2012年問題」が、電車の運転士にも発生し、鉄道業界では若手の運転士の育成が急務となっています。これから運転士を目指そうという人にとっては、よい時代と言えます。

鉄道会社そのものの将来性については、大手会社は問題ありませんが、地方の小さな私鉄などは過疎化などにより厳しい状況になると予想されています。とはいえ、たとえ過疎地であっても、鉄道はなくては困る存在ですので、他の業種ほど深刻ではありません。

 

電車の運転士(運転手)になるためには?

電車運転士になるには、まず鉄道会社の社員になることが必要です。入社後、運転士の希望者は、車掌や駅務員の仕事に就くのが一般的です。これらの業務を経験するなかで、電車運転士としての適性があると判断された人は、国土交通省が指定する「動力車操縦者養成所」に入所して、学科講習と技能講習を受けます。

約8~9ヵ月という長期にわたる訓練を終えると、国土交通省が実施する「動力車操縦者試験」を受験し、合格すると電車運転士の候補になることができます。多くの乗客の人命を預かるこの仕事に就くには、こうした厳しいハードルをいくつもクリアすることが求められています。適性の判断から訓練修了まで長期におよぶため、現在の電車運転士のほとんどは高校もしくは専門学校の卒業者で、大学卒業者は多くありません。   

運転士になるためには、運転する動力車種に応じた運転免許が必要です。この免許を取得するには、運輸省指定の動力車操縦者養成所で専門の教育訓練を受けるか、運輸局で実施する動力車操縦者運転免許試験を受けて、合格しなければなりません。一般的には、鉄道会社に採用された人が、駅務員や車掌を一定期間経験した上で、運転士として選抜した人を教育訓練する場合がほとんどです。

このため、中途採用はほとんどありません。運転士は多数の人命を預かる仕事ですので、だれでも簡単になれるというわけにはいきません。鉄道輸送は高速で、しかも大量の乗客を輸送するため、一瞬の判断のミスや気持ちの動揺が、大事故につながります。とても責任の重い仕事と言えます。

 

 

 

 

電車運転士の必要な試験と資格は?

電車運転士として働くには、鉄道会社に就職したあと、「動力車操縦者運転免許」を取得する必要があります。免許を取得するための試験があり、20歳以上で、過去1年以内に取り消されていなければ誰でも受験可能ですこの免許は、動力車の種類で分類されており、全部で12タイプあります。

各種免許のなかでは、普通列車や特急列車、貨物列車、客車列車をけん引する電気機関車、モノレールなどを運転できる「甲種電気車免許」の取得者がもっとも多くなっています。試験は各養成所のほか地方運輸局でも実施されます。試験科目は、身体検査、適性検査、筆記試験、実技試験の4科目です。

新幹線運転士になるには、甲種電気車運転免許を取得して在来線の運転士として3年以上の経験を積んだあと、新幹線運転士の募集に応募します。選抜試験に合格すると、新幹線運転士になるためのトレーニングを経て、新幹線電気車運転免許の取得を目指します。

 

動力車操縦者運転免許とは?

「動力車操縦者運転免許」は、いくつもの種類が存在します。鉄道車両自体にさまざまな種類があり、車両によって動力や運転の方法も異なってくるからです。

種類は大きく分けると「甲種」と「乙種」となっており、「甲種電気車免許」では、普通列車や特急列車など一般的な電車のほか、貨物列車や客車列車をけん引する電気機関車、モノレールの運転も可能です。

「乙種電気車免許」を取得すれば、軌道を走る路面電車の運転が可能となります。

その他、新幹線を運転する場合には「新幹線電気車免許」が必要となるほか、最も難易度が高いとされているのが蒸気機関車を運転するために必要な「甲種蒸気車免許」です。

≪受験資格≫
20歳以上で、過去1年以内に運転免許の取消しを受けていない者

≪試験日≫
9月・3月

≪受験料≫
22,000円

≪適性検査≫
クレペリン検査、反応速度検査、その他操縦に必要な適性の検査

≪身体検査≫
視機能、聴力、疾病及び身体機能の障害の有無、中毒症状の有無

≪試験科目(筆記)≫
①動力車の操縦に関する法令にかかる科目(運転免許の種類別に、鉄道に関する技術上の基準を定める省令、軌道運転規則、無軌条電車運転規則および運転の安全の確保に関する省令など)
②動力車の構造および機能に関する科目(運転免許の種類にかかる動力車の構造および機能、運転理論、一般常識)

≪試験科目(技能)≫
①速度
②距離目測
③制動機の操作

≪免許の種類≫

甲種蒸気機関車運転免許
甲種電気車運転免許
甲種内燃車運転免許
乙種蒸気機関車運転免許
乙種電気車運転免許
乙種内燃車運転免許
新幹線電気車運転免許
第一種磁気誘導式電気車運転免許
第二種磁気誘導式電気車運転免許
第一種磁気誘導式内燃車運転免許
第二種磁気誘導式内燃車運転免許
無軌条電車運転免許

 

 

動力車操縦者運転免許の合格率は?

動力車操縦者運転免許の受験者は、運転士候補として各鉄道会社で選抜された優秀な方が長期間訓練を受けて受験しているために合格率は高く、およそ80~90%程度になっています。

 

 

動力車操縦者運転免許は独学で合格することは可能?

電車などの運転に必要な動力車操縦者の国家資格は、「動力車操縦者運転免許に関する省令」にもとづく特別な運転免許です。免許は「電気車」や「蒸気機関車」など、車両の動力ごとに分かれており、さらに「甲種」や「乙種」などに細分化されています。

試験は、省令上は20歳以上ならだれでも受けることが可能となっていますが、通常は、国土交通省が認可する養成施設で教育を受けたあとに受験します。養成施設は、JRや大手私鉄は自社で設置していますが、施設がない会社では外部に委託しています。試験では視力や色覚などの身体検査も実施されます。

この免許は個人的に取得する免許ではないので、免許取得費用は鉄道事業者が負担する場合がほとんどです。免許を取るまでの流れですが社内選考で運転士候補になると、国土交通省が指定する「動力車操縦者養成所」に入所します。

養成所では3~4ヶ月間の学科講習、4~5ヶ月間の技能講習を行います。学科講習では「運転法規」や「鉄道車両の構造」「車両の加速・減速等の運転理論」「信号保安設備」などを学びます。それが修了すると技能講習で指導者について実際の車両を運転して運転操作を訓練します。

そして講習課程を修了すると、国土交通省が実施する「動力車操縦者試験」を受験。合格すれば運転士候補となります。

 

電車の運転士(運転手)を目指す「おすすめの学校」とは?

電車運転士は、入社後に高校や専門学校の卒業者のなかから選抜された人材がトレーニングを積んで資格取得を目指すのが一般的なルートです。専門学校から電車運転士を目指す場合は、観光系の専門学校で学ぶのが一般的です。このうち、鉄道サービスや鉄道といった学科を設置している専門学校は、電車運転士や車掌、駅務員などの人材育成に力を入れています。

 

学校名(教材名) 詳細

阪神自動車航空鉄道専門学校

鉄道と工学、その両面のスキルを深く養えるのが鉄道システム学科の魅力。日本が世界に誇る新幹線システムの知識から、電気・電子・機械が高度に融合したメカトロニクス技術まで、学ぶ内容も多岐にわたります。また、学んだ知識を産業界の即戦力として発揮できるよう、3次元CADといった開発基礎能力も2年間で養っていきます。

ジオラマ鉄道を製作して制御技術を理解・修得する「鉄道研究」、さまざまな製図技術を磨く「JIS製図」や「3次元CAD」など、技術系専門学校ならではの本格的な実習を数多く設置。また、鉄道員に必要な考え方を養う「安全輸送」や、鉄道シミュレータによる運転体験で安全運転の基礎を学びます。

 

 

名古屋観光専門学校

 実践的な授業と徹底した就職指導カリキュラムで憧れの鉄道業界への就職を目指します。授業では、発券業務や運賃の計算方法、鉄道法規、接客サービスなど鉄道交通における知識と技術を総合的に学習。鉄道カウンター実習や鉄道アナウンス実習などで実践力を身につけます。また、日本縦断の「鉄道研修旅行」を実施。鉄道会社の協力により、車両のメカニズムの体験や電車の運転体験、車両センターでの整備・点検見学など、貴重な体験を通じて仕事への意欲を高めます。就職指導は1年次後期よりじっくりと就職対策をスタート。社会人の身だしなみを学ぶトレーニングなどもあり、自信を持って就職活動ができるように万全のサポート体制で夢を叶えます。

 

 

東京観光専門学校

 車両・運転の授業では、鉄道会社の研修でも使用されるJR209系をモデルにした運転シミュレーターを使用します。これは天候、昼夜などの状況を再現できる本格的なシミュレーターで、学生は原寸大の運転席でレバーの操作など緊張感あふれる運転の疑似体験を行っています。また、鉄道会社は人を運ぶだけの企業からサービスを提供する企業へと大きく変わってきました。サービスマインドを磨くために、地方鉄道とタイアップした企画提案、サービス介助士の資格を目指す授業などを取り入れ、鉄道業界のニーズに対応しています。

 

 

西鉄国際ビジネスカレッジ

 鉄道で大切な安全性や時刻表・運賃に関する知識から、サービスなど接客業務に必要な授業。鉄道数学や面接などの就職対策や旅行関連の国家資格の取得など、業界で活躍するための授業も充実しています。運転技術などは西鉄が実際に使用している本物の運転シミュレーターを使用!車両基地などに行き、現場研修も行います。

 

 

日本スクールオブビジネス

 JR東日本・JR西日本・JR東海・東京メトロ・小田急電鉄・東京急行電鉄などの人気企業への就職ノウハウを生かした就職指導を万全にするとともに、鉄道交通の専門的知識、旅行業務やコンピュータ利用技術、接客・サービスなど、現代の鉄道交通業界が求める知識・技能を身につけます。

 

 

 

電車の運転士(運転手)関連商品を購入する!

(1)「アマゾン」で購入する

 

史上最強カラー図解 プロが教える 電車の運転としくみがわかる本

新品価格
¥1,728から
(2017/12/20 23:35時点)

(2)楽天で電車関連商品を購入する

楽天で「電車関連商品」を購入する!      

 

 

 

おすすめの通信講座

(1)通信講座で圧倒的な実績

 

(2)通信講座の名門 LEC

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

(3)通勤時間を有効活用!


 

(4)急上昇中の教育系ITベンチャー



(5)通信教育の名門!受講生は10万人を突破。



 

 

-操縦・運転系, 車両・船舶・航空機関連

Copyright© 資格と仕事.COM , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.